セックス回数

友達とお酒を飲みながら話していると、恋人とどのくらいの頻度でセックスしているのかを聞いてくる人がいます。
週に何回エッチしてる?
他人がセックスをするしない、頻度が1回なのか10回なのかを聞いて何の意味があるのかと思いますよね。

実は、セックス回数に執着する人達には共通している特徴があると言います。
今日はその特徴を実験を通してお教えします!

 

溢れる自信

トロント大学のリサ・デイ教授は、お酒の席でセックスをどのくらいしているのか上から目線で尋ねる人達の心理が気になりました。
他人が週何回セックスしているのか気になる人の特徴
そこで教授は、最近心理学会で活発に研究されている「性的ナルシシズム(sexual narcissism)」に注目しました。

性的ナルシシズムとは、セックスが一番上手なのは自分だと思っていて、セックス回数を自慢したり大袈裟に表現する特性の事です。

sexual narcissism

教授は「これだ!」と思いました。

より確実な結果を得るために男女809名を集め、性的ナルシシズムのテストを行いました。

そして、参加者たちに1週間に何回恋人とセックスをしているのか尋ねた後、「最近の20代はセックスをXX回する」という短い記事を見せました。

この短い記事は他の人たちと自分のセックス回数を比較できるように作ったものでした。
他の人のセックスの平均回数と比較
研究チームは最後に、恋人とのセックス満足度と関係満足度まで調査しました。

では、一体どのような結果になったでしょうか?

 

もろ刃の剣

性的ナルシシズムが強い人はセックス回数の記事を読んだ後、両極端な反応を見せました。

自分が他の人よりもセックスを沢山していると思った場合は、恋人とのセックス満足度はもちろん、関係満足度まで上がりました。

他の人よりセックス回数が多い時

反対に、他に比べてセックスをあまりしてりないと思うと、セックス満足度と関係満足度がどちらも下がりました。
他の人よりセックス回数が少なかった時

これは…一体どういう意味でしょうか…?
リサ教授!詳しい説明をお願いします!

「彼らは、自分は本当にセックスが上手だと思っているため、当然セックスの回数も他の人より多いと信じています。」

「自信があるから他の人に回数を聞いて、その人が自分より少ないと答えると優越感を抱くのです。」

「すると当然セックス満足度は上がり、誰よりも沢山(?)セックスしてくれる恋人への満足度も上がるのです。」
沢山セックスしてくれる最高の恋人
なるほど…それでセックス回数を聞くのですね…
自慢をするために…

「はは、そういうものでしょう。しかし問題は反対の場合です。」

「他の人よりも回数が少ないと感じると、セックス満足度が下がるだけでなく関係満足度まで下がるのです。」

自尊心に傷を付けるとでも言いましょうか…当然自分が勝つと思っていたのに負けた時に感じる敗北感のようなものです。」
あまりセックスしてくれない恋人に不満
「彼らは普通の人よりも、より強い屈辱感とストレスを感じます。

なんと…何だか可哀想な気もするし、いい気味なような気も…

 

今日のセックスポイント

交際期間によって異なるかもしれませんが、カップルの平均セックス回数は1週間に1回だと言います。
(Muise, 2016)

しかし、他の人がどのくらいセックスしているかの何が重要なのでしょうか?
他の人より多くセックスしても、満足のいくセックスができなかったら意味ないですよね?

恋愛の科学の読者の方々はお分かりかと思います。
2人がどれだけ満足できるセックスをするかがより重要だという事を。
セックスは量より質!

ではどうすればいいかですって?

演技なしでも男女が共にオーガズムを感じれるような最高のセックスをすればいいのです!

そんなセックスを実現できる体位が…CAT体位です!!!

CAT体位とは科学者たちが研究を重ねて導き出された伝説の体位であり、男女が同時にイケる究極のセックス体位なのです!

長い説明は不要ですよね…恋愛の科学が作った「伝説のSEX体位ガイドブック」CAT体位の詳しいやり方を確認して下さい!

みなさんのセックスを今までとは全然違う満足度の高いセックスに変える事ができますよ!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓