Menu & Search

ゲーガン教授のナンパ・シリーズ

2016年4月27日

ニコラス・ゲーガン(Nicholas Gueguen)教授は、

フランスのブルターニュ・スッド大学の行動学科の主任研究員です。(Université de Bretagne-Sud)

logoubs

恋愛の科学は、偶然にこの方のことを知りました。

ある日、恋愛に関する論文を探していたら、「どんな鞄を持てば、高い確率で異性から電話番号をもらえる?」という面白そうな論文を見つけました。

jp_sol004_illu_01

その数日後には、「どんな色のリップをつけたとき、異性から電話番号をゲットできる確率が高いのか?」という変な論文を見つけました!

 

jp_sol004_illu_02

この論文を書いたのもニコラス・ゲーガン教授でした。

 

jp_sol004_illu_03-1-2

そこから、ゲーガン教授が書いた論文をリストアップしてみたところ…

ゲーガン教授の論文には、ナンパで電話番号をゲットする方法についての研究が、たくさんあったのです!

 

jp_sol004_illu_04

 

このシリーズはこうやって、誕生しました。

その名も、

jp_sol004_illu_05-2

[ゲーガン教授のナンパシリーズ]

14.ソフトタッチの力!手が触れただけでもナンパの成功率が2倍に!?
13.面白い男性は本当にモテるの?
12
.犬を飼うと恋人ができる!?
11
.気によって変わるナンパの成功率!
10
通りすがりの人に「今晩エッチしない?」と聞いてみた
9
ヒール女子はモテる!ハイヒールの魔法
8
モテる人は「笑顔」笑って愛され度アップ!
7
デートの誘いを受け入れやすい日がある
6
単に好感度を上げる方法
5
foot-in-the-door:デートの誘いを断らせないテクニック 
4
YES」を誘う花の魔法
3
胸が大きくなると、男性の関心も高まる?
2
ロマンチックな歌とナンパの関係!驚きのBGM効果
1
. 持ち物で変わる?!女性にモテるカバンとは?

今後もゲーガン教授のナンパシリーズをお楽しみに♡


FACEBOOK「いいね!」ボタンを押してください!
恋愛に関する科学的な情報を、無料で購読することができます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

ルーカス

俺のハムスターが可愛すぎて、萌えで世界を平和にできる信じている!「ハムスターになろう」という名曲を作ったが、あまり売れなかったのは秘密にしておこう。「ロマンスがもっと必要」という韓国の番組に恋愛アナリストとして出演したことがある自称恋愛博士。毎日会社のソファーで恋愛心理学の論文と朝を迎えている頑張り屋さん。

オススメの記事
ソフトタッチの力!手が触れただけでもナンパの成功率が2倍に!?

ソフトタッチの力!手が触れただけでもナンパの成功率が2倍に!?

2007年フランス南部のブルターニュ大学 ニコラス・ゲーガン教授の研究室。 「人は何か切実なお願いをする時、決まって手を握ったり足にしがみついたりします。 そうすればもっとお願いを聞き入れてくれそうだ…

面白い男性は本当にモテるの?

面白い男性は本当にモテるの?

2010年フランス南部のブルターニュ大学 ニコラス・ゲーガン教授の研究室。 「人は皆、面白い人とより仲良くなりたがる。」 「特に女性は、面白い男性をより魅力的に感じるという研究結果もある。」 (Lun…

犬を飼うと恋人ができる!?

犬を飼うと恋人ができる!?

2008年フランス南部のブルターニュ大学 ニコラス・ゲーガン教授の研究室。 「犬を連れて散歩をする人は、一人で散歩する人よりも、知らない人とより簡単に、より多く会話をするようになるという研究があります…

コメント

  1. わさび より:

    次のナンパシリーズ記事も期待しております!
    結構おもろいですwwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Type your search keyword, and press enter to search