何言ってるの?

時々こんな事を言う人がいます。

「あ〜妹が欲しい。」
「私にもお兄ちゃんがいたら良いのにな。」

その度に本当に兄弟姉妹がいる人は首を横に振って言います。

「じゃあ、うちのあげるよ。」

しかし皆さん、兄妹姉妹を他の人に絶対譲ってはいけません。

兄弟姉妹がいる事は恋愛にとってもプラスなのですから!

 

兄弟?姉妹?兄妹?姉弟?

ペンシルバニア大学のダウティー教授は兄弟姉妹がいる事が恋愛にどのような影響を及ぼすのか気になりました。

そこで研究のため373人の男女を8年もの間、追跡して研究しました。

この根気強い研究で教授は非常に興味深い事実をいくつか見つけたのです。

 

#1.兄弟姉妹との関係が良いと恋愛も上手である。

兄弟姉妹は産まれて初めて出会う同年代です。
人間関係を築く基礎だと言えるでしょう。

この関係にうまく適応することで、安定した人間関係を築く方法を学ぶのです。
(collins & sroufe, 1999)

反対にうまく適応できずに兄弟姉妹との関係が良くないと恋愛をする時にも問題が生じます。

特に、恋人に深い親密感を感じる事がかなり難しいといいます。

兄妹姉妹とほとんど喧嘩しない人は恋人との親密感が93点なのに対し、兄妹姉妹と頻繁に喧嘩をする人は恋人との親密感が21点しかなかったのです。

70点近くも差が出たなんて、お母さんが仲良くしなさいと言っていたのには全て理由があったのですね...!

 

#2.異性の兄弟姉妹がいる人はより恋愛が上手である。

性別が違う兄弟姉妹がいる人は幼い頃から異性とずっと一緒にいます。

知りたくなくても(!)異性についてたくさんの事を知ります。

すでに異性が何を好きで嫌いなのか全て知っているうえに、分からない事は聞けばいいのですから。

このように異性をよく理解していると、恋愛においての自信までも高まります。  

さらに年齢を重ねるにつれ、兄妹(姉弟)との仲が良いほど自信が高まるのです..!

教授の研究でも仲が良い兄妹姉弟は、恋愛への自信が8年間でおよそ26%も上昇しました。

 

#3. 兄妹(姉弟)関係の序列が恋愛の序列

これは異性の兄妹姉弟がいる人にだけ当てはまる話です。

全ての人間関係がそうであるように兄妹(姉弟)との関係にも「序列」があります。
一般的に年上の方が主導権を握るでしょう。

この序列は恋愛にも影響を与えます。
お姉ちゃんやお兄ちゃんだった人は恋愛関係でも主導権を握る確率が高いのです。

いつも弟や妹の面倒を見て(こき使って)先頭に立つ事が当たり前だったので、恋愛をする時も自然とこのような習慣がでてくるのです。

この 「序列」というのは、 どちらかが優れているという事ではありません。

重要な決定をする時、誰の意見がより重要なのか、どちらかが先に行動しなければならない時、誰が前にでるのかという事です。

恋人から堂々とした頼もしい人だと思われる可能性が高くなるという事ですね!

 

もっと仲良く

知らず知らずのうちに、兄妹姉妹は皆さんの役に立っていました。

兄妹姉妹がいる人は、産まれた時から恋愛サポーターがいるなんて本当に羨ましいですね...!

あなたの隠れた恋愛サポーターに今日はもう少し優しく接しましょう。

あ、一人っ子はどうすればいいのかって?

もちろん一人っ子だからといって恋愛上手になれないと言う訳ではありません。
幸せな恋愛をするために必要な事を抑えておけば、幸せな恋愛をすることが出来ますから!
(参照:相手の表情を読み取る力!恋愛上手になるために身につけてほしい事!)

それにそれに、恋愛の科学という強い味方がいますから!心配しないで下さいね♡

FACEBOOK「いいね!」ボタンを押してください!

恋愛に関する科学的な情報を、
無料で購読することができます。