仲良しカップルの習慣

所構わず喧嘩しているカップルのために今日も忙しく走り回っている私達のヒーロー、ガットマン教授!

ガットマン博士

今日はガットマン教授が「喧嘩ばかりしているカップルでも良い関係を保つ事ができる」秘訣を教えてくれるそうです…!

この秘訣を実践するだけでも、恋人と別れる確率がグンッと低くなると言います!

仲良しカップルの秘訣

その秘訣とは一体何なのか 、一緒に見ていきましょう!

 

あらかじめ予防しましょう!

夫婦心理学者であるガットマン教授は、喧嘩ばかりしていても別れないカップルの秘密を調べるために200組のカップルを集め観察を始めました。

その中から、特にたくさん喧嘩していてもすぐに仲直りするカップルを選抜して観察を続けると、彼らがいつも恋人にかける言葉や行動に共通点があるという事実を発見したのです。
仲良しの秘訣


#1. 「それでそれで?」

いい関係を保つために、お互いにいつも豪華なプレゼントを準備する必要はありません。
相手の話をよく聞いてあげるだけで十分なのです。

女性達が好きな、話した事に対して「それで?」と聞き返してくれる、その行動良い例です!
聞き返し
日常的な会話をする時でも、常に相手の言葉に耳を傾けて「あなたの事を気に掛けています」という事をアピールする事が大切なのです。


#2. 「手、握ろう?」

ガットマン教授が幾度となく言っているおススメメニュー!
その名も「小さなスキンシップ」です!

ハグやキスももちろん良いですが、普段話している時に手を握っているだけでも2人の絆や親密感を深める事が出来ます。
仲良し
カッとなってつい口調がきつくなってしまいそうな時は、そっと相手の手を握ってみてください。
なかなか怒れなくなるはずです。


#3. 「大丈夫?」

誰かが自分の事を心配してくれているというのは本当にありがたいことですよね。

お互いにもう少し相手を気にかけてあげてください。

今何か困った事はないか、
どこか痛くないか、体調は大丈夫か、

今日一日辛い事は無かったかを聞くのです。
心配してくれる人
直接的に助けになる事は出来なくても、心配しているという事を伝えるだけでも2人の仲はさらに深まるでしょう!


#4. 「ありがとう!」

些細な事でも相手に感謝する気持ちを伝えてください。

交際期間が長くなりお互いに対する気遣いに慣れてくると、以前はありがとうと言っていた事も当たり前に感じてしまったりしますよね?

ありがとう

どんなに長い間付き合って一緒にいることに慣れたとしても、常に感謝の言葉を忘れてはいけません。
あなたが思っているよりも、言わなければ伝わらないことはたくさんあります。
(愛情度が28%も高くなる魔法の言葉!気になる方はこちらをクリック!


#5. 「今日良い事があったの!」

悲しみを共に分かち合って慰めてあげる事も重要ですが 、「喜び」を共有する事もとても大切です。
(参照:一緒に喜ぶことが本当に大切な理由)
喜びを分かち合う
嬉しい気持ちを恋人と分かち合えば、相手の気分もつられて良くなりますし、そんな姿を見ると自分の喜びも倍になるからです。

何か良い事があったら一緒に共有して、お互いに良かったねと言い合ってお祝いしましょう!

 

意識的に!

博士曰く、
特に喧嘩の多いカップル達は「意識的にでも」この5つの行動を習慣づけてたくさん行うと良いそうです。

ですので、自分達はいつも喧嘩ばかりしているなと思ったら、無理にでもこのような言葉と行動を互いにたくさんするように努力してみてください。
仲良しカップル
きっと問題もすぐに解決し、2人の距離が縮まるでしょう!

それでも喧嘩の頻度が減らないのではないかと心配ならば、喧嘩の原因を把握して喧嘩の回数を減らす事も重要でしょう。

喧嘩を原因を把握するには、お互いの「愛着タイプ」を把握することが必要です。

なぜかというと…カップルの喧嘩や問題は、愛着タイプの違いから生まれるからです!

愛着タイプとは、数十年間にも及ぶ研究を通して証明された最も科学的な恋愛タイプです。

カップルがそれぞれの愛着タイプを知っておくだけでも、普段2人が喧嘩している根本的な原因や解決策についてより正確に理解することができると言います。

喧嘩が多い、いつも同じようなことで喧嘩している等、喧嘩について悩んでいるカップルは、
お互いにもっと深く理解し合うために、一度診断してみて下さい!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓