ゴムつけた?

コンドームを使うか使わないか」で揉めたこと、ありませんか?

男性の場合、コンドームを持っているにも関わらず、「まあ、いいか」と先のリスクまで考えなかったり、

女性の場合は、つけて欲しいと思っても言えなかったり、または言ったとしても「上手くやるから大丈夫」という彼氏のせいで、喧嘩になる場合もあります。

コンドームは望まない妊娠を簡単に防ぐだけではなく、性病の予防もできるし、しかも値段も高くなく、ただつければ済むことなのに、どうしてつけない人がいるのでしょうか?

今日は、コンドームをつけない理由について調べてみたいと思います。

どういう場合、つけなくなるのか分かれば、どう対応すれば良いかも分かりますから!

 

興奮の危険!

ウィンザー大学、心理学科のシャイナ・シャクン教授は、コンドームをつけづらくする心理的状況についての実験を行いました。

シャクン教授は、18歳~32歳の144人の男女の被験者を集め、彼らを二つのグループに分けました。
sol093_illu_01
Aグループには、2分のアダルトビデオを4本見せて、
sol093_illu_02
Bグループには、ピクサーの「ウォーリー」のビデオクリップを見せました。

それから、危険な性的行動について8問のアンケート調査を実施しました。

例えば、次のような質問でした。:

「クラブである異性に出会いました。一緒に踊っているうちに気に入ったので、クラブから出て一緒に家に帰りました。そして自然とセックスすることになりました。あなたはコンドームを使おうと言いましたが、相手はつけない方が好きだと言います。この場合、コンドームなしでセックスしますか?」

また次のような質問もありました。:

「魅力的な異性の友達が家に遊びに来ました。なんとなくそういう雰囲気になり、セックスしそうな状況になりました。しかし、相手からコンドームの話をしません。自分から先にコンドームの話を切り出しますか?」

シャクン教授は、アダルトビデオを見た Aグループとアニメを見たBグループでは、コンドームなしのセックスについて、どのような態度の違いが見られるのか、調べることにしました。

結果を見てみましょう!

sol093_illu_03-1

アダルトビデオを見たグループは、アニメを見たグループよりコンドームなしでセックスすると答えた割合が、なんと1.3倍も高かったのです。

アダルトビデオを見て、性的に興奮した人は、男女関係なくコンドームをつけないことに抵抗を感じなくなったのです。

面白い結果は、これだけではありません。

 

ダメだって分ってるけど・・・

シャクン教授は、性的な興奮が他の意思決定にも影響を与えるかを調べるため、また別の実験を行いました。

教授は、新たに男女122人の被験者を集め、前の実験と同様に二つのグループに分け、ビデオを見せました。

しかし、今回は、ビデオを見てからアンケートに答えるのではなく、ブラックジャックというカードゲームをしてもらいました。
sol093_illu_04
ブラックジャックは、簡単なカードゲームです。一枚ずつカードを配り、カードの合計値が21に近い方が勝つというルールです。

しかし、カードの合計が21を超えてしまったら、その時点で負けになるので、タイミングが重要なゲームです!

シャクン教授は、被験者たちの手持ちのカードの合計が15になるように設定し、ここで被験者たちがカードをもう一枚もらうかもらわないかを観察しました。

実は合計15という数値は、かなり悩ましい数字です。もう一枚もらうと、21に近くなり、勝てる可能性もありますが、21を超えてしまい負けてしまう危険もあるのです。

すると、

sol093_illu_05

アダルトビデオを見たグループは、アニメを見たグループよりカードゲームでも、より危険な選択をすることが明らかになりました。

もう一枚もらうと、多少リスクを背負ってしまう可能性があるにも関わらず、アダルトビデオを見た人たちは、もう1枚もらうというチョイスをしたのです。

性的なものとは何の関係もない状況でも、性的な興奮が意思決定に影響を及ぼしたという事です。

それは、なぜでしょう?
sol093_illu_06
「性的な興奮は心理的に様々な影響を与えます。」

「性的に興奮すると、まず思考の範囲が狭くなります。リスクのことまで頭で計算できなくなってしまうのです。
sol093_illu_07
「そのため、いつもと比べてより大胆で、危険な選択をする可能性が高くなります。」

「これは、コンドームをつけるかつけないかのような性的な選択だけではなく、一般的な意思決定の場合でも同じです。またこのような変化は男性に限らず、女性にも同じように現れます!」

(参照: どうしてキスは気持ち悪くないの?)

 

コンドームをつけない理由

この実験からコンドームをつけない理由がわかります。

普通、コンドームをつけるかつけないかを実質的に判断する瞬間は、すでにスキンシップが進んだ時点です。

つまり、どちらか一人、または二人とも性的に興奮している状況だということです。

なので、普段「コンドームは必ずつける!」と思っている人でも、いざそのような状況になると自分でも知らないうちに「まー、いっか!」と危険な判断をしてしまうのです。

これは男性に限らず、女性の場合でも同じです。
性的に興奮すると、男性がコンドームをつけなくても、何も言わなかったり、男性からつけない方がいいと言われると、それに反論しない可能性が高くなるのです。

このようなトラップにかからないためには、どうすればよいでしょうか?

hands-people-woman-meeting

一番良いのは、普段から二人で事前に話し合い、コンドームの使用についてのルールを決めておくことです。

会話を通じて必ず守るようにと原則を立てておけば、リスクを減らすことができます。

もし、これが難しい場合、コンドームをつけて欲しいということを興奮する前に、話すのも良いでしょう。

すでに興奮してしまったら、言いづらくなったり、言っても相手を説得できない可能性が高いからです。

pexels-photo-58572

だから、なんとなくそういう雰囲気になってしまいそうだと感じたら、興奮する前に先にコンドームを使うかどうか話してください。
そうすれば、興奮して判断しづらくなるリスクを防ぐことができますよ!

 

性に関する悩み…

性に関する悩みはなかなか相談しにくいですよね?

特に愛撫の仕方や、攻め方、愛撫の方法など....友達には聞けないセックスの悩み!

上手くなりたい!恋人をイカせたい!パートナーを気持ちよくさせたいけど、今のままで良いのか悩む〜〜〜という方のために!!!恋愛の科学は男女の性感帯のガイドブックを用意しました!

性感帯に関連した論文を頑張ってまとめ、そこからさらに詳しく調べた情報を詰めました!

男女の性感帯40位までの順位はもちろん、部位別愛撫方法や状況によるコースまで...。

いつもと違うセックスを楽しむためのアドバイスや、愛撫の方法などを経験が少ない方でもすぐに実践できるよう、分かりやすく説明していますので、オススメです!

ダウンロードはこちらから!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FACEBOOK「いいね!」ボタンを押してください!

恋愛に関する科学的な情報を、
無料で購読することができます。