セックスしよう

彼氏が毎日のようにセックスをせがんでくる…という人、手を挙げてください!

毎日のように彼にセックスを求められる

もしくはセックスをすると何回も(..!!)する人、手を挙げて下さい!

彼氏がすごくセックスしたがる

ふっふっふ….
思ったより多いですよね…?

彼氏がセックス依存症なのではないかと真剣に悩んでいた方たちに、今日の記事がきっと役に立つでしょう。

今日は一体何故、彼氏がそのようにセックスを求めるのかとことん調べていきます!ヒッヒッヒ…

 

目がギラギラ…!!

オークランド大学のミシェル・ファーム教授は、男性がセックスをせがむカップルの特徴が気になりました。

そこで恋人がいる男性393名を集め、実験を行いました。

研究チームは参加者たちに、恋人と関連する質問がぎっしり詰まったアンケートを配りました。

例えば、このような質問です。

あなたの恋人は綺麗ですか?

恋人の体の中で一番魅力的な部位は?

あなたの恋人は他の男性からも人気でしょうか?

恋人に男友達は多いですか?

恋人の職場に男性は何人いますか?

男性が自分の彼女をどのように思っているのかを、ありのまま知る事が出来る質問ですよね?

ファーム教授は最後に「先週、恋人と何回セックスしたのか」も尋ねました。

では、結果はどうだったのでしょうか?

 

Pick Me Up!

興味深い結果が現れました。

彼女を「綺麗だと思っていて」「周りに男性が多い時」セックスをより多くしていたのです!

彼氏がセックスしたがる理由

うーん….周りに男性が多いと嫉妬心が燃え上がってセックスをしたくなるのでしょうか?

ファーム教授、説明をお願いします!
ミシェル・ファーム教授
「今回の実験結果をきちんと理解しようとするならば、『精子競争(sperm competition)』をまず先に理解する必要があります。」

精子競争

え…?精子競争ですか…?

「簡単に言うと、他のオスの精子が受精されないようにオス同士で競争することです。特に動物の交尾について説明する時に出てくる用語ですが、これは人間にも現れる現象です。」

「人間は恋人とセックスをたくさん、頻繁にしながら競争で優位に立とうとしているのです。」

 

精子競争…?

「精子競争はいくつかの条件が満たされた時に深刻になるといいます。」

「過去の研究を調べてみても、彼女が綺麗なほど、セックスを多くするという事が明らかになっています。」
(Kaighobabi & Shackelford, 2008)
綺麗な彼女
「ところが今回の実験で確認したように、綺麗すぎる彼女の周りに男性が多い状況まで追加されると精子競争がより深刻化してしまいます。」

「男性は、恋人の周りの男性を潜在的に競争相手と考えるのです。本能的に恋人を奪われるかもしれないと考えるのでしょう。」
男友達が多い彼女
「私が行っていた他の実験でも、男性が彼女の異性の友達(男友達)によく会うほどセックスをより多くするという結果が現れました。」
(Pham & Shackelford, 2013)

「もちろんこれは無意識的な行動です。彼女の周りに男性が多いからセックスをたくさんしなきゃ!と考えてわざわざしているのではありません。このように考え行動するのは、動物的な感覚に近いでしょう。」
なぜ彼氏はセックスしたがるのか

もしかしたら彼は…

彼氏が所構わずセックスをせがむのなら…?

ひょっとするとそれは…
あなたが「とても綺麗で」「更には周りに男性も多いから」本能的にそのように行動するのかもしれません。

もちろん、全ての男性がそうだと確信することはできませんが、もしかしたら自分の周りに男友達が多いからなのかもしれないと振り返ってみては?
彼氏がセックスしたがる理由
もし、男性がこの記事を読んでいるのであれば、覚えておいてほしい事があります。

実は、セックスをたくさんしたからと言って女性は満足しません。
「気持ちよければ」満足できるのです…^^;;

ではどうすればいいのかですって?
オーガズムを感じるくらい気持ちいいセックスには愛撫は不可欠です!

そして、時間をかけて優しく丁寧に!は愛撫の基本中の基本だということ、ご存知ですよね!?

もし、かなりの時間はかけているけど、愛撫の仕方などに問題が(?)あって、 パートナーを満足させる事ができないのでは?

自分が上手くできているのか、今のままでいいのか、もっと上手くなりないと思う方のために用意しました!

「性感帯ガイドブック」!!!!!

男女の性感帯40位までの順位から、部位別の愛撫方法や気分によって楽しめる前戯コースまで!

男女の性感帯ガイドブック」を今すぐチェックしてください!
因みに、私の魂がたっぷり込められています…♥︎
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓