Menu & Search

痛いの我慢してる?セックス中の痛みを軽減させる方法はコレ!

2017年3月15日

誰か助けて…!

最近ナナと彼氏は別れるべきか悩んでいます。

なぜなら…セックスをする度にナナがとても痛がるため、二人共ストレスを受けているのです。

何度も試みてはいるのですが、その度に失敗、また失敗。
そんな日が続くとセックスをする気さえ無くなってしまいます。

この2人に何か良い方法は無いでしょうか?

 

良い解決方法が無いかな

ダルハウジー大学のケイト・ランコート教授は、セックス時に痛みを感じる女性たちを助ける方法を見つけようとしました。

実験チームは効果的な方法を探すために実際に問題を抱えているカップル107組を募集し、実験を始める前にカップルたちの現在の状況を調べるためにいくつかの質問をしたのですが…

結果は思ったよりも凄まじいものでした。

セックスをする時の痛みを想像しただけでも辛そうにする女性たちは、セックス自体への拒否反応を示したりセックスを怖がる傾向を見せたのです。

辛いのは男性たちも同様でした。
ストレスが多い場合には勃起不全をも起こすのですから。

セックス満足度が低いのはもちろん、2人の仲も悪くなりました。
その上、全実験参加者が憂鬱さを感じている等、心理的な苦痛を訴えたのです。

 

解決方法があった!

幸いにもランコート教授はカップルたちの為になる解決方法を探し出しました!

ランコート教授の指導を受けたカップルたちは、女性が実際に感じている痛みも軽減し、2人のセックス満足度が大幅に上がったのです!

性機能が向上された事は言うまででも無いですね。

ランコート教授がカップルたちに行った解決方法が何かというと…

「会話をすること」でした!

しかしここで言う会話内容は日常的なものではなく、女性がセックスの際に感じる痛みに対してお互いの考えを正直に話すという内容です。

どんな時一番痛いのか、どうしたら痛みが軽減されるかを一緒に悩み、より満足出来るセックスのために色々試してみるのです。

特に男性が積極的に話すほど女性のセックス満足度が大幅に上がるだけではなく、実際に感じる痛みもかなり軽減されたと言います。

えぇ〜!まさか…会話だけでどうやって痛みが緩和されるのかですって?

信じられないでしょうが、本当に痛みが軽減するのです!

過去の研究によると、セックスをする時の痛みは身体的な原因もありますが心理的な原因も大きく関係していると言います。
(Bergeron, 2015)

したがって、会話をするとお互いにどれだけ大変なのか相手の状況に共感も出来、「自分が下手なせいだ。」ではなく「一緒に克服すべき問題」になるのです。

2人の仲が良くなるのはもちろん、気持ちいいセックスのためにもっと努力するようになるでしょう。

 

せっかくだから、こんな風に

一般的にカップルたちはセックス中に女性が痛みを感じるとセックス自体をやめてしまいます。

どうして痛いのかについては考えずに「痛いならやめる?」と言って終わらせるでしょう。

ひどい場合には「どうしていつも痛がるんだよ」、「痛いのも何回かしたら慣れてくるから」「会う度にセックスする事しか考えてないよね」のようなお互いを傷つける言葉を言ってしまう事もあるでしょう。
(1つでも言った事のある方は気をつけて!)

しかし!これからはこのような話をしましょう。
痛い時には「痛い」、そして「一緒に努力しよう!」「今は大変だけど必ず良くなるよ!」のように2人にとってプラスになる言葉を!

そんなに難しいことではないですよね?かと言って簡単な事でもありません。

数回は一緒に努力するでしょうが、女性が毎回痛がると2人はまたすぐにやる気を失うかもしれませんから。

この問題を解決するためには忍耐時間が必要であり、お互いに対する思いやりが無くてはなりません。

 

相手に合わせたセックス

よく「恋愛はお互い相手に合わせるものだ」と言います。

それぞれの道を歩いてきた2人が出会い、好みや趣味を共有し、喧嘩と仲直りをしながらお互いの生き方を理解する事。
それは恋愛の醍醐味であり核心でしょう。

セックスも同じです。

恥ずかしいからと話を避けたりお互いの本心を隠していては絶対に満足のいくセックスは出来ません。

痛いなら痛いと言って下さい。そして一緒に悩んで努力して下さい。
そうすれば確実に良くなるはずですから!

今回の実験でセックスについての会話がとても重要だという事が分かりましたよね!
セックスに関する悩みを解決するだけでなく、2人の愛を深める会話で、より満足のいくセックスをしてみませんか?♡
(参考:セックストークで絆が深まる!)


参考文献
*Rancourt, Kate M., et al. “Talking about sex when sex is painful: Dyadic sexual communication is associated with women’s pain, and couples’ sexual and psychological outcomes in provoked vestibulodynia.” Archives of sexual behavior 45.8 (2016): 1933-1944.


FACEBOOK「いいね!」ボタンを押してください!

恋愛に関する科学的な情報を、
無料で購読することができます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

ビー玉ラムネ

世の中に不満がある自称19禁コンテンツ専門家。現代の腐った社会が変わってほしいと思うものの、愛だけは変わらないことを望みます!周りが見えなくなるほど、ベタベタした恋愛がしたいです。だってそれが恋だもん!ヘヘッ!

オススメの記事
30代女性の性欲が強いって本当?男女の性欲のピーク年齢の変化

30代女性の性欲が強いって本当?男女の性欲のピーク年齢の変化

性欲の科学 元々性欲に関しては様々な「説」がたくさんあります。 「女性より男性の方が性欲が強い」から始まり、「身長が低い人は性欲が強い」…等など。 このように「説」が独り歩きするのは、みんな興味はあっ…

セックスでイケないのが悩み?間違った固定概念がオーガズムを邪魔している!

セックスでイケないのが悩み?間違った固定概念がオーガズムを邪魔している!

ひょっとして私の話? 以前の恋愛の科学の記事を読んで、もしかして自分の恋人もオーガズムを感じる演技をしているのではないかと心配された方もいるでしょう…。 (参考:なぜセックス中に演技するの?!男女別に…

なぜセックス中に演技するの?!男女別にみるSEX中に演技する理由

なぜセックス中に演技するの?!男女別にみるSEX中に演技する理由

感じているふり 皆さんはセックス中に、刺激を感じているふり・気持ちが良いふり等… オーガズムを感じている演技をした事がありませんか? (無い方はノーコメントで…) 今日、恋愛の科学では今まで誰にも話せ…

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Type your search keyword, and press enter to search