Menu & Search

これもモラハラ?!言葉の暴力は目に見えないからこそ気を付けるべき!

2017年3月21日

あなたはいくつ当てはまる?

Q.次のうち、あなたが恋人に言われた事がある言葉をすべて選んで下さい。

1. 「その集まり行かないで。」
2. 「自分が正しいとでも思ってんの?」
3. 「お前がまともに出来る事って何?」
4. 「あいつに会いに行くの?やめなよ。」
5. 「俺だからお前なんかと付き合えるんだぞ。」
6. 「ふざけてんの?」
7. 「また同じ事したらぶっ飛ばすよ。」
8. 「バカにしてるの?」

全て選びましたか?

もしこの中に1つでも当てはまるものがあれば、あなたも言葉の暴力を受けている被害者なのです。(モラルハラスメントの被害者です)

 

「それ」も暴力に含まれる

パデュー大学のシメナ・アリアガ教授は、恋人の言葉の暴力が相手にどのような影響を与えるのか調査しました。

言葉の暴力と言うと、主に恋人に罵声を浴びせたり強く責め立てる状況を想像しますよね?

しかし言葉の暴力の範囲は皆さんが思うよりはるかに広いのです。

−恋人をばかにしたりけなす言葉
ex) 「そんな事も知らないの?」、「どうせお前なんて…。」
「痩せなきゃヤバいよ。」、「外出る時は化粧くらいしたら?」
「何だったらまともに出来るわけ?」

−恋人の行動を制限する言葉
ex) 「あんな奴に会うな!」、「酒飲みに行ったら、どうなるか分かってるよね?」
「自分が正しいと思ってんの?」、「いいかげんにしろ!」

−恋人に恐怖心を抱かせる言葉
ex) 「妹だったら殴ってる。」、「バカにしてんの?」
「お前、俺のこと殺す気?」「ぶっ飛ばすよ?」

私たちの周りでたまに(?)聞くこのような言葉は全て言葉の暴力です。

よく耳にするからこそ気づきにくいですよね。
これが暴力に含まれるという事実を…
さらには大した問題ではないと考えがちですから…

−再び実験室に戻って−

実験結果を分析した教授は、驚くべき事実を見つけ出しました。

あまりショックを受けないでくださいね…!

 

見えない心の傷

全ての暴力がそうであるように、言葉の暴力を受けても被害者に傷が残ります。
ストレスになるのは言うまでもないでしょう。

しかし言葉の暴力はあまりにも日常的で、身体的暴力に比べて目に見えないという理由で気づかれないままの事が多いです。

だからでしょうか?
実験に参加した被害者たちは恋人のせいで自身がストレスを受けている事に気付いていなかったのです。

無意識にストレスを受け続けたため、神経質になり全ての事に過度に反応してしまい大した事じゃなくてもストレスをかなり受けていたのです。

さらに悲しい事実は、恋人にひどい事を言われた時、「なんでそんな風に言うの?」と言い返すのではなく「私が悪いんだ」と考える事です。

どうしてそのような思考になるか分かりますか?

別れたくないからです。
恋人が自分の事を愛していないからそんな言葉を言うのではと怯えるため、単に「自分のせい」だと思ってしまうのです。

もしも自分が腹を立てて恋人と別れる事にでもなったら、その方が耐え難い苦痛だからです。

そのように暴言ばかりを聞いていると、自分は価値のない人間だと考えるようになり、自分を卑下してしまうのは言うまでもありません。

 

そんな事言わないで!

言葉の暴力は身体的暴力とは違い傷が目に見えないため、解決しづらいのが難点です。
さらに問題だと認識する事も難しいです。

う〜ん…「自分の周りにはそんなカップルがいない」という人もいるでしょうが、これはとてもよくある話なのです。
ひょっとするとあなた自身の話かもしれません。


「冗談だった。」のような一言が一番無責任な言葉です。
何も考えずに言い放った言葉のせいで恋人は傷だらけになるのですから。

仮に冗談だとしても、そのような発言はしないでください。
そして恋人の言葉に傷ついたのなら、必ず正直に話してください。

「そんな事言わないで」、「そういう事言われて傷ついてるんだよ」
「心がつぶれてしまいそう…」と。

このように言っても理解しようとしない人や逆にもっと腹を立てる人であれば、
私は皆さんに必ず別れてください!と心から言いたいです。

あなた以外の人は皆、世界には素敵な人がたくさんいるという事を知っているのですから…!
そして、別れたほうが幸せになれるということも…!
(参照:デートDVを受けても恋人と別れられない理由)

 

心当たりがあるあなたへ

言葉の暴力がどれだけ恐ろしい事なのか、この記事を読んで気付いていただけたら幸いです。

ひょっとして自分たちも言葉の暴力をしていまっているのでは?と思った人は、あなたが普段恋人に対して無意識にどのような言葉を使うのか、愛情表現はちゃんと出来ているのかなどを一度思い返してみるのも良いでしょう。

もし、普段使っている言葉遣いが知らず知らずのうちに相手を傷つけているかもしれないと思ったら、今日からはその表現を使わないように意識してみてください!
あなたの思いやりはきっと相手にも伝わりますよ!

何気なく使っていた言葉を省みるだけでもきっとモラルハラスメントを回避できるでしょう。

恋愛の科学のアプリでは、恋愛診断・分析サービスも行っております。
お独りの方、片思い中、友達以上恋人未満状態、カップル、夫婦!恋に悩みを抱えているすべての方のために作った恋愛アプリ!
是非ダウンロードしてください♡

無料ダウンロード↓↓↓↓↓

 

 


参考文献
*Arriaga, Ximena B., and Emily L. Schkeryantz. “Intimate relationships and personal distress: The invisible harm of psychological aggression.” Personality and social psychology bulletin 41.10 (2015): 1332-1344.


FACEBOOK「いいね!」ボタンを押してください!

恋愛に関する科学的な情報を、
無料で購読することができます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

ビー玉ラムネ

世の中に不満がある自称19禁コンテンツ専門家。現代の腐った社会が変わってほしいと思うものの、愛だけは変わらないことを望みます!周りが見えなくなるほど、ベタベタした恋愛がしたいです。だってそれが恋だもん!ヘヘッ!

オススメの記事
女性が喜ぶ褒め方・褒め言葉!女心を分かっている男性はこうやって褒める!

女性が喜ぶ褒め方・褒め言葉!女心を分かっている男性はこうやって褒める!

綺麗だね♡ この男性にはスタイル抜群な彼女がいます。 彼は会う度に彼女のスタイルの良さにうっとりしています。(ベタ惚れです) すらっと伸びた脚に引き締まったウエスト… 毎回嫌になるほど繰り返し彼女のス…

付き合ってから太ったのに「痩せなくていい」という彼の本音は?

付き合ってから太ったのに「痩せなくていい」という彼の本音は?

もしかして幸せ太り…? 付き合ってやっと3ヶ月経った幸せいっぱいのブーブーちゃん。 今彼女は大きな危機に面しています。 デートの度に美味しいものを食べて、デザートまでペロリと平らげていたら… 自分でも…

マンネリ気味のカップルにおすすめ!倦怠期を乗り越える方法!

マンネリ気味のカップルにおすすめ!倦怠期を乗り越える方法!

ダブルデートをしよう♬ 皆さんはダブルデートをした事がありますか? ダブルデートとは二組のカップルが一緒に会って時間を過ごす事を指しますが… 今回調べた研究によると、ダブルデートは楽しいだけでなく何よ…

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Type your search keyword, and press enter to search