逃げるは恥だが役に立つ

恋愛ドラマをみていると、たまに主人公に感情移入してしまいそれだけで満足してしまうことがあります。
心を揺さぶられるBGM、イケメン俳優やキレイな女優、空想や妄想の世界だと分かっていても、恋に落ちたような気分になり、トキメキホルモンが出てしまいます。

ドラマや恋愛バラエティ番組を見ると、恋愛モードに切り替わり、
「ああ、私もあんな素敵な恋愛したい...」と想像してみたりもしますね。

ところが、このようなテレビ番組が、あなたの恋愛に悪影響を及ぼす可能性があるということをご存知でしたか?

 

プロポーズ大作戦

アリエル大学のアビラ・レイザー教授は、TV視聴習慣が恋愛に与える影響について調べるために、188名のカップルを対象に研究を行いました。

教授は、実験参加者たちに普段のTV視聴習慣

現在の恋愛にどれだけ満足しているのかについて聞いてみました。

そして、全てのアンケートを集めて、参加者たちの回答を詳しく分析しました。一体、どのような結果が出たでしょうか?

 

花より男子

興味深い結果が出ました。

刑事ドラマ、シチュエーションコメディ、リアリティショーなど、ほとんどのTV番組は、恋愛に影響を及ぼしませんでしたが、

メロドラマや恋愛バラエティのように、恋愛と関連したTV番組は、男女を問わず恋愛に悪影響を及ぼすことが分かりました。

実際に恋愛と関連した番組をより多く視聴する人ほど、
恋人とより頻繁に喧嘩していることが明らかになり、これが関係満足度の低下に繋がりました。

恋愛関連番組は、どうして人々の恋愛をより不幸にするのでしょうか。

 

ダメな私に恋してください

研究をリードしたアビラ・レイザー教授は、恋愛と関連した番組の危険性(?)についてこのように説明しています。

「恋愛関連番組は、恋愛の全てではなく、キレイで幸せな部分だけを見せています。

「なので、見ている人に恋愛に対する高い期待と誤った幻想を与えてしまいがちです。」

考えてみると、番組では主人公たちが経済的な問題で喧嘩したり、デートのせいで疲れている様子はあまり出てきません。

その代わり、いつもオシャレで素敵なところで、理想的なデートをします。
さらには、掃除や皿洗いすることさえ、ロマンチックに演出して見せます。寝起きなはずなのにすっぴんでもなく、ヘアスタイルも決まっていたり、貧乏であるはずの主人公なのに毎回ブランドの洋服を着ていたり、現実とはかけ離れている場面が多いのです。

日本テレビ系連続ドラマ『THE LASTCOP/ラストコップ』(毎週土曜 後9:00)でラブラブ新婚生活?(左から)佐々木希、窪田正孝 (C)日本テレビ
(日本テレビ-ドラマ「ラストコップ」)

「しかし、現実の恋愛は絶対そうではありません。時には、落ち込んだ気分でデートしたり、些細なことで大喧嘩する事もあります。」

「そういう想像の中の恋愛と現在の恋愛の間のギャップが大きいほど、恋愛に不満を感じてしまうのです。」

 

私が恋愛できない理由

もちろんロマンチックなドラマやラブコメディを絶対に見てはいけないというわけではありません。
重要なのは、見ている人の態度です。

あくまでもドラマはドラマです。それを現実での恋愛の判断基準として考えてはいけません。

これからメロドラマや映画を見る時には、彼らがどのように素敵な恋愛をしているのかより、どのように問題を克服し、愛を続けていくのかに注目してください。

実際にある研究によると、主人公が喧嘩する場面が出る映画をみてから、恋人と会話をすると、別れる確率が低くなるそうです。

映画テラピーに関しては、次回詳しく紹介したいと思います。

FACEBOOK「いいね!」ボタンを押してください!

恋愛に関する科学的な情報を、
無料で購読することができます。