Menu & Search

彼女の性欲を高める方法!知らないと損する科学的に保証された確実な方法

2017年3月20日

煮え切らないスキンシップ

ワン君は最近、「彼女の性欲の無さ」についてとても悩んでいます。


男女で性欲に違いがあるのは分かっているけれども
(参照:男女の性欲の違い「男の性欲VS女の性欲」)
どうにかして彼女とのスキンシップを増やしたい!と思うワン君。

その話を聞いた友達が、ワン君に一言アドバイスをしてくれました。


ははっ。もちろんです!

今回は付き合い始めの時のような熱いスキンシップが出来る特別な方法をご紹介します。

男性が彼女と会話をする時に少し気をつけるだけで、彼女のスキンシップ欲がどんどん上昇するのです。つまりこの方法は女性の性欲を高めるのに効果があるという事です!

それでは早速見ていきましょう!

 

もっと触りたくなる

イスラエルのヘルツリーヤ大学、グリット・バーンボーム教授はカップルのコミュニケーションの取り方が性欲とどのような関わりがあるのか気になりました。

そこで178組のカップルを対象に実験を行いました。

バーンボーム教授はカップルたちを実験室に呼び、彼らの普段の会話の様子を細かく観察しました。

その後カップルたちを密室に案内し、普段通りにスキンシップするように誘導したのです。

教授はカップルから予め了解を得ておき、2人のスキンシップの様子を録画し細かく分析しました。

そしてカップルのコミュニケーションの取り方とスキンシップの関係を分析した教授は驚くべき事実を発見しました。

スキンシップが極めて激しかった(?)カップルたちのコミュニケーションの取り方には特別な点があったのです。
それは一体何でしょうか?

 

愛を育てる会話の仕方

その特別な点とは「彼氏の反応」でした。

男性が彼女の話をよく聞き、共感と反応をしっかりしているカップルであるほど、より積極的にスキンシップをする事が分かったのです。

例えばこのような反応でした。

「うわぁ!本当によかったね!」
「君が大変そうだから僕も辛いよ。」

反対に、彼氏の反応が薄かったカップルはスキンシップにも消極的でした。

「俺はそうでもないけど…。」
「それってそんなにスゴい事なの?」

本当に不思議ですよね。

彼氏の反応カップルのスキンシップに一体どのような関係があると言うのでしょうか?

 

親密度アップ♡

「基本的に女性の性欲は、恋人との親密さに大きく影響を受けます。」

「相手が自分にどれだけ関心があり2人の関係のためにどれだけ努力しているのかが、性欲に大きな影響を与えるのです。」

「したがって彼氏が自分の話に積極的に反応し共感してくれた時、当然性的欲求も高まるでしょう。」

「もちろん彼氏の性欲も彼女の反応に影響を受けます。しかし男性は基本的にスキンシップに積極的な方です。」

「なので彼女が自らスキンシップをすれば、お互いが積極的にスキンシップを楽しめるという事です。」

 

テクニックも重要だけど

男性の皆さん!
スキンシップはテクニックが全てではありません。
スキンシップの上手下手よりあなたの一言が、一つ一つの反応がもっと大きな効果を発揮するのです!

恋愛にスキンシップは必要不可欠ですが、スキンシップだけではなく愛情表現もしっかりしましょう!

「言わなくても分かる」ではなく「しっかり伝える」事がもっと重要なのです。
(参照:恋人に素直になれない人は注意!カップルの親密度アップの方法)

お互いの努力があってこそ、2人の愛が育つのですから♡

 

誰にも聞けなかった事…

日頃の些細な気遣いで彼女の性欲を高めることができるなんて、驚きですよね!
恋愛にはこのように、些細な努力であっと驚く効果を得られる秘訣がたくさんあります。

そんな秘訣を紹介しているのが「恋愛の科学」なのです!!!
恋愛の科学では、恋人との仲直りの仕方などの恋愛に役立つ情報はもちろん、なかなか相談しにくい性に関する悩みに答える記事まで揃っています!

そんな恋愛の科学の記事をもっと身近に!手軽に読めるよう、恋愛の科学のアプリがリリースしました!!!

これからはブラウザを立ち上げなくても恋愛に関するあらゆる記事をテーマ別に読むことができるのはもちろん、もう一度読みたい記事をお気に入り追加する機能や、実際に恋人との相性を診断できるテストや浮気度をチェックできるテストなど…!
より良いサービスを受けられるので、是非ダウンロードして下さいね!

ダウンロードはこちらから\(^o^)/
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


参考文献
*Birnbaum, G. E., Reis, H. T., Mizrahi, M., Kanat-Maymon, Y., Sass, O., & Granovski-Milner, C. (2016). Intimately connected: The importance of partner responsiveness for experiencing sexual desire.


FACEBOOK「いいね!」ボタンを押してください!

恋愛に関する科学的な情報を、
無料で購読することができます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

大根ちゃん

実は、、、オタク女子です。アイドル大好き!! いつでもどこでも絵を描きます。 「恋愛の科学」の絵を描くために残業しています。

オススメの記事
キスVSセックス、どちらをもっとたくさんするべき?

キスVSセックス、どちらをもっとたくさんするべき?

キスorセックス? みなさん、今日はとても重要な日です! なぜなら、とーーーーっても大事な話をするからです! (ふむふむ) 今日のテーマは「キスとセックス、どちらをもっとたくさんするべきか!」です。 …

遺伝子が拒否?!付き合う前のフライング・キスが重要な理由

遺伝子が拒否?!付き合う前のフライング・キスが重要な理由

下手な人は嫌! 「ねぇ、例の彼とどうなったの?付き合うことにした?ひょっとしてもう付き合ってるとか?」 「いや、とっくに終わってるけど?」 「えぇ!?なんで?????ちょっと前までいい感じだって言って…

コンドームなしでやっちゃう理由

コンドームなしでやっちゃう理由

ゴムつけた? 「コンドームを使うか使わないか」で揉めたこと、ありませんか? 男性の場合、コンドームを持っているにも関わらず、「まあ、いいか」と先のリスクまで考えなかったり、 女性の場合は、つけて欲しい…

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Type your search keyword, and press enter to search