最初の頃のように...

結婚生活が長い夫婦の悩みの一つが「セックス満足度」の問題です。

関連研究によると、
セックス満足度は時間と共に下がる一方だそうです....。

このような時には、どうすれば良いでしょうか?

雑誌の「Sex&Lust」のチャプターや恋愛相談のスレッドを見ると、「キャンドルをつけろ!」「セクシーな下着を着なさい」など、新しいことにチャレンジしてみるようにというアドバイスが多いですが...。

本当にそれで良いのでしょうか?
下がった満足度がグンと上がってくるでしょうか?

ふふふ。
今日恋愛の科学は、
<結婚後のセックス満足度、AからZまで>シリーズ後編の記事を公開します!
(また前編を読んでいない方はこちらをクリック!)

結婚生活が長い夫婦のセックス満足度が「結婚初期」のように燃え上がる本当(!!!)の方法について調べてみましょう!

 

ハートにエンジンをかけよう!

前回の記事でも述べたように、チャップマン大学のデビッド・フレデリック教授は、結婚して3年以上の夫婦を対象セックス満足度の調査を行いました。

そのうち男性の32%、女性の38%だけが、「今でも初めてセックスした時と同じようにものすごく良い!!」と答えました。

彼らは一体どのようなセックスをしているか、どうして時間が経っても変わらず燃え上がることができるのか!一つずつ分析してみましょう!

 

1. とにかく回数が多い。

これは不変の真理でしょう。
多々益々弁ずです。
セックスは回数が多ければ多いほど良いのです。

心配しないでください!
回数を多くと言っても、毎日とか週に5日以上ということではありません。

今でも変わらず、結婚初期のように相手とのセックスが良いと答えた人たちも週1〜3回程度でした。

だからと言って「とにかくたくさんやればいい!」ということではありません!
下記の条件も満たさないといけないのです....。(はぁ…難しい….)
(参照:頻繁にセックスするカップルの秘密


2. よくオーガズムを感じる。

研究では、結婚初期ほどでなくても、「現在のセックスに満足する」と答えた人のうち、男性の94%・女性の93%がセックスするたびにオーガズムを感じると答えました。

さらに「一回の関係で、何度もオーガズムを感じる」と答えた人たちも、男性の81%・女性の90%に達していました。

これは、
そういう関係を持つたびに感じるとも言えるでしょう。
ここまで言われたら、う...羨ましいですね。

 

3. お互いにオーラルセックスをしあう。

頻繁にオーガズムを感じることがやや難しいと思う方であれば、オーラルセックスに注目してください。

前回の記事でも述べましたが、男性のセックス満足度には「オーラルをしてもらう」ことが決め手になるほど重要です。

ところが、二人共結婚初期のようセックスに満足するためには「してあげる、してもらう」ことが本当に重要です。

「セックスが不満足だ」と答えた男女とも、オーラルセックスをよくするかという質問に対して「よくする」と答えた割合は30〜40%に過ぎません。

一方、「相変わらずセックスがとても良い」と答えた人は、不満足だと答えた人より、オーラルセックスをする割合が2倍も高かったのです。

わー!
オーラルセックスの力、すごいですよね。
(参照:男性がオーラルセックスでもっと努力しなければならない理由)


4. セックス中に会話するように努力する。

一体どのような会話をすれば良いか分からないという方もいらっしゃるかと思います。

会話する方法は意外と簡単です。

セックスの途中、最低1回は
「愛してる」と言ったり、セックスしている時に感じていることを話すのです。
(参照 : セックス中にしてほしい会話)

セックスという行為自体に没入するのも良いですが、
配偶者を愛しているという言葉、今とても幸せだという言葉を交わすのは本当に重要なのです!

好きな人からは、毎日言われても苦にならない言葉ですから! :)


5. 色々なことにチャレンジする。

「様々なことを試してみましょう!」
セックスがつまらなくなったと悩むスレッドによくつくコメントですね。

ところが、本当に効果があります。しかも、大したスキルが必要なわけでもありません。

セクシーな下着を着るのも良いし、
一緒にシャワーを浴びたり、新しい体位に挑戦するのも良いです。

このような方法は、「もう挑戦した」という方もいらっしゃると思います。

そういう方は、
パートナーに「短いメッセージ」を送るのも良いと思います。

いきなり、「今したい」または「私今日すごくセクシーな下着着てる」などの
短いけど、刺激になるメッセージを送るのです。 (フフっ)

それ以外にも、セックスする日を決めておいたり、
大人のおもちゃ(アダルトグッズ)を利用するのも効果があります。


6. セックスの時間が長い。

まままままぁ、そんなに心配しないでください!
入時間が長いのではなく、
セックスの始まりから終わりまで全過程についての話です。

当たり前な話かもしれませんが、

上で話したように、お互いに満足できるセックスをするためには、愛撫も熱心にし、オーラルセックスもすべきだし、その途中、会話もしないといけません。

当然時間がかかります。

満足できるセックスかどうかを決定づけるのは、単純に挿入している時間だけではないこと、いくら強調しても足りません!!

 

些細なことかもしれませんが...

交際を始めたばかりのカップルや、見つめ合うことだけでも燃え上がるカップルには、あまり役に立たないアドバイスかもしれません。

しかし、交際期間が長いカップルや、結婚して3年以上経った夫婦なら、一度じっくり振り返ってみましょう。

最近、私達のセックスはどうなのか、義務化していて「しなければならないから」していたのではないかと。
(参照:エッチしたくない?セックスレスになる前に読むべき!

皆さんもできます!
恋愛初期や結婚初期のように、熱く燃え上がるセックスを!!!♡

もう、ど〜〜〜〜〜〜〜しても、どう努力すればいいのか分からないという方は、恋愛の科学の「性感帯ガイドブック」を参考にしてみてください!(・∀・)

性感帯に関連した論文を頑張ってまとめ、そこからさらに詳しく調べた情報を詰めました!

男女の性感帯40位までの順位はもちろん、部位別愛撫方法や状況によるコースまで...。

そして何よりも私(ライター)の熱い思いがこもっています…♥︎

性感帯ガイドブックは恋愛の科学のアプリで確認できます!

2人の熱い夜のために…
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FACEBOOK「いいね!」ボタンを押してください!

恋愛に関する科学的な情報を、
無料で購読することができます。