Menu & Search

イケメンや美人は50年後も幸せ?

2016年11月3日

外見と幸福の関係

心理学では、美人やイケメンに関連した興味深い研究がたくさんあります。

美人やイケメンは、ハロー効果(halo effect) のため、より能力があるように見えるという研究結果や、
(Feingold, 1992)

(ハロー効果=評価する対象の細かい部分を気にせず、全てのものがよく見えてしまう現象)

就職や昇進、年収の面でも普通の人に比べて有利で、恋愛の機会も多いという研究もあります。
(Hosada et al., 2003)
(Etcoff, 1999)

うわぁ…

しかしながら驚くべきことに、美人やイケメンが本当に「幸せ」なのかについて研究した実験は今までありませんでした。

外見がいい人は普通の人よりも幸せな人生を送るのでしょうか?

 

人生追跡研究

ウィスコンシン時系列研究プロジェクトというものがあります。

これは本当にすごいプロジェクトなんです。
1957年にウィスコンシン州の高校を卒業した10,137人を50年間追跡して、どんな人生を送ったのか研究したのです。

ハーバード大学、精神健康医学科のナンシー・エトコフ教授は彼らを対象に、外見が幸福度と精神的な安定にどんな影響を与えるのか調べました。

エトコフ教授は外見を2つの基準で判断しました。
sol123_illu_01
まず、12人の研究員が高校の卒業写真を見て、顔面点数を付けました。
(1万人超えてるのに…)
sol123_illu_02
次に、92年と2004年のBMIデータから体型を点数化して評価しました。
(BMIは身長と体重の関係から、肥満度を表す体格指数です。)

そして、この2種類の数字が、個人の幸せと精神状態にどんな影響を及ぼすのか分析しました。

美人やイケメンは、数十年後も幸せだったのでしょうか?

 

幸せな人生

はい。

sol123_illu_03

高校生の時に、美人やイケメンだった人は、そうでなかった人に比べ平均的に5.5%程度幸福度が高く

sol123_illu_04

スタイルのいい人はなんと7.4%程度、幸福度が高かったのです。

それほど大きく影響してない?
他の要素の影響力と比較してみれば、驚くと思いますよ。

  • 教育水準の高い人:幸福度4.6%↑
  • 健康な人:4%↑
  • 年収の高い人:3.1%↑

顔とスタイルが教育水準、健康、経済的能力と同じくらい、個人の幸せに大きな影響を与えていたのです!!

教授、どうしてこのような結果が出たのでしょうか?
sol123_illu_05
「私もとても驚きました。他の要素をすべて除外して、外見と体型だけを見たのに、普通の人より幸せな人生を送っているという結果が出たのですから。」

「これまでの研究を見れば、 幸せな人生を送るかどうかを左右する最も重要な要素は、周りの人との関係です。」

「美人でスタイルのいい人は、他人と相対的にいい関係を築きやすいため、 このような結果になったのだと思います。」

「さらに、周囲からいい評価をたくさんもらうので、自己満足度と自尊心も高い方です。そのため、より幸せな人生を送れるのです。」

自尊心 =心理学的には、ありのままの自分を尊重し、受け入れる態度(自己愛、プライドとは違います。)

 

より幸せな人生を送るために

この研究結果を見て、悲しくなった人もいると思います。
外見は努力したからと言って、簡単に変えられるものではありませんよね。

でも、 注目しなければならない点は「美人やイケメンは50年後も幸せだ」ということではありません。
彼らが「なぜ」幸せな人生を送れるのかなのです。

美人だけが、人といい関係を築けるのでしょうか?
スタイルがいい人だけが、自己満足度や自尊心が高いのでしょうか?

全くそんなことはありません。
美人でスタイルのいいファッションモデルの人生は幸せのように思えるかもしれませんが、人生の満足度はかなり低いという研究結果もあります。

どれだけ美人でも、自分自身に満足せずに常に他人と比べていたら、自尊心は高くはならないですよね。

結局のところ、幸せな人生を送るために必要な要素は、自己満足度と自尊心です。外見はいい人間関係を築き、この要素を高めるための道具の一つに過ぎないのです。

「彼女美人でうらやましい」、「あいつはイケメンだから、何でも上手くいくんだ」と羨んでも仕方ありません。

それよりも、自信を持てる何かを見つけ、自尊心を高めることが幸せな人生を送るためには最も必要なのです。

恋愛を通して自尊心を高めることもできるんです。その方法についてはこちらの記事を参考にしてみてください!(参考:愛の力で人が変わる?!恋愛の効果)


参考文献
*Gupta, Nabanita Datta, Nancy L. Etcoff, and Mads M. Jaeger. “Beauty in mind: The effects of physical attractiveness on psychological well-being and distress.” Journal of Happiness Studies 17.3 (2016): 1313-1325.

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

ルーカス

俺のハムスターが可愛すぎて、萌えで世界を平和にできる信じている!「ハムスターになろう」という名曲を作ったが、あまり売れなかったのは秘密にしておこう。「ロマンスがもっと必要」という韓国の番組に恋愛アナリストとして出演したことがある自称恋愛博士。毎日会社のソファーで恋愛心理学の論文と朝を迎えている頑張り屋さん。

オススメの記事
進化したアピール方法!全ての男性が本能的に知っているモテる秘訣!

進化したアピール方法!全ての男性が本能的に知っているモテる秘訣!

動物の世界 強いセイウチのオスたちは、メスを手に入れるために群れの中の他のオスたちとの戦いに勝たなければなりません。 そのためには大きな体と牙が必要です。 一方、クジャクは他のオスに勝つよりも、メスに…

あなたの好きな食べ物は?味覚で分かる性格診断!

あなたの好きな食べ物は?味覚で分かる性格診断!

味覚で分かる? 「本当に甘いキスだった。」 「人生で一番苦い経験だった。」 「あれはしょっぱい記憶だな…」 このような表現、とても不思議ではありませんか? 実際に味がするわけでもないのに、感情や気分を…

気になる女性の前では態度が違う!カッコつけようとする男性の心理

気になる女性の前では態度が違う!カッコつけようとする男性の心理

俺が払うよ 今日は木村さんが友達と夕飯を食べる約束をした日です。 美味しいものを食べて、お酒も飲んで、あれこれ話をしているうちにもう家に帰る時間です。 レジの前に立ったふたり。 彼らの前には、お会計を…

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Type your search keyword, and press enter to search