Menu & Search

男は見た目、女は能力で異性を選ぶって本当?

2016年10月4日

能力と外見

男性は能力、女性は外見という言葉、おそらく聞いたことはあると思います。

世の中に広がっている俗説ですが、実際にこれを裏付ける心理学の研究もかなりあります。(Buss, 1989)

しかし、本当にそうなんでしょうか?男性と女性は、異性を選ぶ基準がそんなに違うのでしょうか?

今日恋愛の科学では、この俗説について具体的に検証してみたいと思います。

 

あなたが異性を選ぶ基準は?

ノースウェスタン大学、心理学科のポール・スウィック教授は、男は能力、女は外見という俗説を科学的に検証しました。

スウィック教授は、実験のために、163人の大学生を募集し、異性に求める条件についてアンケート調査を行いました。

スウィック教授が提示した条件とその基準は、次の3つでした。

  1. 外見: どれほど美人でイケメンなのか
  2. 能力: 良い職業に就けそうか
  3. 性格: 優しいか、頼りになるか、愉快な人なのか

被験者たちは、それぞれの条件が自分にとってどれほど重要なのか、10点満点で答えました。

果たしてその結果は?

sol096_illu_01-1

結果は予想通りでした。

男女共に性格のところには、ほぼ同じ点数をつけましたが、男性は女性の外見を重視し、女性は男性の能力を重視すると答えました。

しかし、教授はこのアンケート調査で満足できず、人々は実際にデートをする際にも、その基準を適用しているのか調べました。

 

スピードデート

教授は、被験者たちを対象に「スピードデート」を開きました。

スピードデートの方法は簡単です。
sol096_illu_02
被験者たちを広い会場に集めて、ランダムにペアを組ませ、4分間話す時間を与えます。
sol096_illu_03

4分が過ぎると、その人がどんな人だったのか2分間メモする時間があります。

そして、再び次にペアになった人と4分間、話を交わす過程を繰り返します。
sol096_illu_04-1
多くの人と短い出会いを繰り返した被験者たちは、家に戻ってきて外見、能力、性格という三つの基準で今日会った人たちを評価し、二回目のデートに誘うのかを決めてもらいました。

もし、両方とも二回目のデートがしたいという場合は、お互い話すことができるメッセンジャーを通じて、二人の関係を発展させることができる機会を与えました。

教授は、被験者たちがスピードデートで選んだ異性が最初に答えた異性の条件とどれほど一致しているのかを分析してみました。

すると!

sol096_illu_06-1

男女が実際に異性を選ぶ時、重視していた条件にはあまり違いがありませんでした!

つまり、被験者たちにただ聞いた時には、男性は女性の外見が重要、女性は男性の能力が重要だと言っていましたが、実際に選んだ人を分析してみたら違いました。
男女共に大体
外見 28%
能力 14%
性格 14%
の割合で選んでいました。
(結局は外見という・・・)

この結果をどう解釈すればよいでしょうか?

 

自分でも自分のことがわからない!

sol096_illu_07-1

「実は、人は自分が本当に求めていることを分かっていない場合が多いのです。まず、選んでから、選んだ理由を後から推測して作り出すのです。

「これに関連した面白い実験があります。被験者を二つのグループに分け、つまらない映画を見せます。そのうち一つのグループにはわざと映画を見ている途中、チェーンソーの音を聞かせてました。」

「チェーンソーの音を聞きながら映画を見たグループは、その音のせいで映画がつまらなかったと答えましたが、実はその騒音とは関係なく映画についての評価に差は変わりありませんでした。それらしい理由があったから、当然そのせいだと思ったのです。」(Nisbett, 1977)

sol096_illu_08-1

「異性を選ぶ時にも同じなのです。ただ尋ねられた時、「私は能力が大事」、あるいは「性格が一番」と言いますが、実際の選択を見ると、その基準とはあまり関係がないということです。」

「また、別の理由もあります。普段異性を判断する時、抽象的な基準を設定しておきますが、実際は『感じ?印象?』が重要です。頭では、こういう人がいいと基準を設定していても、実際は会った時の印象で異性を選んでいるということです。」

「結局男女が異性を選ぶ基準は、実践では大きい違いがなく、自分でもどのような人を好むのか分からない というのが結論となります。」

 

タイプなんて

よく彼女・彼氏がいない人たちに、好きな異性のタイプについて質問します。それぞれ自分なりのタイプっていうのがありますよね。

ところが、それってあまり役に立ちません。
実際には理想のタイプと全く違う人と付き合ってたりしてますから。

「美人が好き」と言っても、具体的にどのような美人なのかが重要で、「能力が高い人が好き」と言っても誰がどういう面で能力があるかが重要です。

人に対する好感や印象は、多層的で複雑で様々な理由で決められるため、むしろ、自分がタイプだと設定した基準が足かせになったりします。

機械的に設定した基準のせいで、実際に会った時、自分とよく合うかもしれない人を見逃してしまう可能性があります。

自分が本当に譲れない最低限の条件に満たしていない場合は除いて、できる限りたくさんの人に会ってみてください。自分が本当に重要視しているのは何か、それを分かっていくことが、幸せな恋愛を始める最も良い方法であることをお忘れなく!

 


参考文献
* Eastwick, Paul W., and Eli J. Finkel. “Sex differences in mate preferences revisited: do people know what they initially desire in a romantic partner?.” Journal of personality and social psychology 94.2 (2008): 245.


FACEBOOK「いいね!」ボタンを押してください!

恋愛に関する科学的な情報を、
無料で購読することができます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

ルーカス

俺のハムスターが可愛すぎて、萌えで世界を平和にできる信じている!「ハムスターになろう」という名曲を作ったが、あまり売れなかったのは秘密にしておこう。「ロマンスがもっと必要」という韓国の番組に恋愛アナリストとして出演したことがある自称恋愛博士。毎日会社のソファーで恋愛心理学の論文と朝を迎えている頑張り屋さん。

オススメの記事
すぐ別れる人の特徴!短命恋愛を卒業したいなら恋人選びの基準を見直すべき

すぐ別れる人の特徴!短命恋愛を卒業したいなら恋人選びの基準を見直すべき

だめみたい… 「自尊心低い人が恋愛ベタな理由」という記事を覚えていますか? (心理学で言う自尊心=ありのままの自己を尊重し、受け入れる態度。) 自尊心が高い人は相手が普段から自分をどれだけ肯定的に考え…

結婚相手の選び方の基本?!どんな家庭環境で育ったのかが重要な理由

結婚相手の選び方の基本?!どんな家庭環境で育ったのかが重要な理由

家庭環境の影響 一般的に結婚相手を決める時、周りの人は相手の家柄を見るようアドバイスします。 ここで言う家柄とは、「先祖から受け継いでいる家の格式や財産」の事を意味します。 しかしテキサス大学のアッカ…

好みのタイプは人それぞれ?!坂口健太郎をイケメンだと思わない人たちがいる理由

好みのタイプは人それぞれ?!坂口健太郎をイケメンだと思わない人たちがいる理由

ルックスの好き嫌い 「新垣結衣のどこが綺麗なのか分からない。」 「坂口健太郎は私のタイプじゃない。」 インターネットで芸能の記事を見てみると、こんなコメントを見る事があります。 「え?どこをどう見たら…

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Type your search keyword, and press enter to search