Menu & Search

「男らしさ」と「女らしさ」はいつ決まるの?

2016年11月1日

バービー人形 vs ロボット

子供の頃一番お気に入りだったオモチャを覚えていますか?

女の子なら何故かピンクの服を着た人形を、男の子なら青いロボットで遊んだ記憶が1回くらいはあるでしょう。

うーん、そうだったかな…?

今日は男女別で色とオモチャについての嗜好がどのように形成されているのか調べてみます!

 

君は僕のタイプ

イギリスのケンブリッジ大学のウォン教授は満4歳以下の子供たち126名を観察する実験を行いました。

ウォン教授は子供たちを年齢によって3つのグループに分けました。
sol119_illu_01
まず、ウォン教授は子供たちが普段どのようなオモチャで遊んでいるのか調べました。(ex- ボール、人形、ロボット…)
sol119_illu_02
次にウォン教授は子供たちに好きな色を聞きました。

教授は子供たちに色が少しずつ異なるピンクのカード3枚と色が少しずつ異なる青のカード3枚を1組ずつ見せながら好きな色を指差させました。
sol119_illu_03
果たして結果はどうだったのでしょうか?

 

#1.おもちゃの場合

まず、子供たちがどのようなオモチャで遊んでいたのか見てみましょう。

sol119_illu_04

とても幼い時からすでに男の子と女の子ではっきりと違うオモチャを好んでいました。

これについてウォン教授の説明を聞いてみましょうか?
sol119_illu_07
「子供たちがどのようなオモチャを好むのかは先天的な影響を多く受けているという説が有力です。」

「お母さんのお腹の中にいる時、男性ホルモンにどれだけさらされたのかによって、自動車やボール、ロボットなどの動くオモチャをより好んで遊ぶようになるのです。」 (Hines, 2011)

(参考-男性ホルモンの影響を多く受けたか調べる簡単な方法 :指の長さで分かる性格診断)

「なので、どのようなオモチャで遊んだのかは、幼い赤ちゃんの時から明確に違いが出るものだと言います。」

 

#2. 色の場合

では、好きな色の場合はどうだったでしょうか?

ウォン教授は不思議な事を発見しました。

20ヶ月の幼い子供たちはピンクと青を均等に選びました。

sol119_illu_05

しかし、満3歳頃、突然女の子はピンクを、男の子は青を好んで選び始めました。

sol119_illu_06

ふーん、この時期に何が起きるのでしょうか?

sol119_illu_08

「満3歳前後に、性別区分についての認識が生まれるといいます。」

「この時期の子供たちは生物学的な性別区分ができるようになるだけではなく、社会的に人々が男女をどのように区分するのかを学習し、自身の性のアイデンティティーによって行動しようとするのです。」

なるほど。ところで、これは色の選択とどのような関連があるのですか?

「販売されているベビー用品やオモチャを考えてみてください。女の子用はピンク、男の子用は青で作られているでしょう?」

「子供たちは自分がよく触れる物を使いながら、自分の性別に適切な色としてピンクや青を選ばなければいけないと認識するようになるのです。」

「先天的な影響が大きいオモチャの選択に比べると色の選択は後天的な影響が大きいと言えるでしょう。」

 

女性的?男性的?

人は生まれた時から男女には多くの違いがあると考えます。

しかし私たちが男女の先天的な特性だと考えていた事は、実は社会的影響を多く受けていることもあります。

なので、単純に「女性は元々こうだ!」「男性は元々こうでなければいけない!」という視線で見るよりは、

男女間の違いは環境的な要因も無視することはできず、元々はお互い似ている人間であるということを理解することも重要です。

男女の特定な気質についての心理学者の実験は多方面で行われています。

恋愛の科学を継続して読んでいただければ、男性と女性の共通点と違いをもう少し正確に知ることができるでしょう!


参考文献
*Wong, W. I., & Hines, M. (2015). Preferences for pink and blue: The development of color preferences as a distinct gender-typed behavior in toddlers. Archives of sexual behavior44(5), 1243-1254.


FACEBOOK「いいね!」ボタンを押してください!

恋愛に関する科学的な情報を、
無料で購読することができます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

大根ちゃん

実は…オタク女子でアイドル大好き!大好きなアイドルの歌を聞きながら「恋愛の科学」の絵を1人で書いている敏腕イラストレーター!いつでもどこでも絵を描いて、休みの日には作詞作曲も手がける芸術肌!ひっそりと端っこの席で絵を描いていると思いきや、誰もが振り向いてしまう笑い声でみんなを驚かせちゃうマスコット的存在。

オススメの記事
会わせたくないの?友達に紹介してくれない彼の本音とは

会わせたくないの?友達に紹介してくれない彼の本音とは

彼の本音 彼氏の家でラブラブおうちデート中のなつみちゃん。 ところが、彼氏は夜に友達と約束があると言います。 「じゃあ私も一緒に行く!」 彼女はいつか彼の友達に会ってみたいと思っていたので、ついて行き…

情で付き合ってる?好きじゃないのに別れられない本当の理由は?

情で付き合ってる?好きじゃないのに別れられない本当の理由は?

終わりの時 付き合っていると「あぁ…私たちはもう終わりだな。」と感じる瞬間があります。 話をきちんと聞いてくれなかったり、適当な返事だけになったり、 一緒に歩く時に歩幅を合わせてくれずスタスタ歩いてい…

人生で一番後悔する事は恋愛だった!後悔しない恋愛をする方法

人生で一番後悔する事は恋愛だった!後悔しない恋愛をする方法

あなたなら あなたがもうすぐ死んでしまう状況を想像してみて下さい。 そして、今までの人生で後悔している事を思い浮かべてみて下さい。 1.センター試験の時、解答欄への記入が一個ずつズレていたせいで浪人し…

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Type your search keyword, and press enter to search