Menu & Search

女性を性的対象化するメディアとDVの関係性

2016年10月10日

女性へのDV

今日はちょっと重いテーマを扱おうと思います。

DV(ドメスティックバイオレンス)は親密な関係にあるパートナーから受ける暴力のことを言います。ここでいう暴力とは、身体的、精神的、性的、経済的等多方面に及びます。

2015年の内閣府の調査で、結婚している女性の4人に一人、交際中の女性5人に一人がDVの被害にあっていると報告されました。

アメリカでも大学内でのデートDVが問題視され、近年これと関連した研究が活発に行われています。大学で望まない性的経験をした女性が20%近くに上るほど、問題が深刻化したからです。(Kerbs, Lindquist, Warner, Fisher & Martin, 2009)

そこで今日はこれに関連した研究を紹介します。

 

メディアの消費習慣

インディアナ大学メディア学科のポール・ライト教授は、メディアの消費習慣が女性へのDVについてのとらえ方にどんな影響を及ぼすのかについての研究を行いました。

ライト教授は187名の男子大学生を実験の対象とし、アンケートを実施しました。

アンケートには大きく分けて5つの領域の項目を含んでいました。一つずつ詳しく見てみましょう。

#1. AVの消費

sol095_illu_04
AVは女性を性的欲求の対象とした代表的なメディアです。

#2. 男性雑誌の消費

sol095_illu_05
MAXIMやEsquireのような男性誌では男性を主体とし、女性を性的対象とした記事が多く掲載されています。

#3. リアリティ番組の視聴

jersey-shore

real-world-5

日本のリアリティ番組とは若干差がありますが、アメリカのJersey ShoreやThe Real Worldのようなリアリティ番組は、視聴率アップのために、女性のセクシーショットを売りにしている場合が多く見られます。

#4. 女性を性的対象と認識
sol095_illu_06
参加者に女性を一人の人間として見るか、それとも性的対象としか見ないかについての認識調査を行いました。

例えば、「きれいな女性しか魅力的に思えない」 とか「セックスできる女性がより魅力的だ」 のような項目でした。

#5. 女性へのDVについての見方
sol095_illu_07
女性へのDVに対してどの程度までなら「これくらい問題ない」と考えるかを調査しました。

例えば、
「女性は乱暴に振る舞う男性に性的魅力を感じる」とか、「女性はセックスしたいと思っていても、表向きは反対のことを言うので、男性が無理やりにでもするのを望んでいることが多い」 といった項目でした。

ライト教授はこの5つの項目とDVの間にどんな関係があるか分析しました。

 

態度の変化

考えてみれば、先ほど述べたメディアには実際、女性に殴る蹴る等の暴力を振るうシーンはほとんど登場しません。

ライト教授はこのように直接的な暴力シーンがないメディアが女性へのDVについての態度にどのように影響を与えるのか気になりました。

結果を見てみましょう。

sol095_illu_01_

まず、AV、男性誌、リアリティ番組の消費は女性を性的対象と認識しやすくするという結果が出ました。

そして、

sol095_illu_02

女性を性的対象としか見ない人であればあるほど、これくらいならDVと考えない可能性が高かったのです。

すなわち、メディアに女性への暴力シーンがなくても、女性を「人」としてではなく「欲求の対象」と見ると、ある程度のDVも問題ないと考えるようになるのです。

 

AVを見たらDVするようになる??

ポール・ライト教授の研究は直接的な女性への暴力シーンがなくても、女性を性的対象として扱うメディアを見るだけで、そのような 消費習慣を通して女性の性的対象化、さらには女性へのDVに対する態度に影響を与える可能性があるということを示しています。

もちろんAVを見たり、男性誌を見る=DVをする!!と言った極端な結論を下すのは正しくありません。
sol095_illu_03
この影響はあくまで間接的なことで、この研究もまた実際の行動ではなく態度についての話だったからです。

しかしながら、メディアを通して接する女性に対する見方が、知らないうちに男性(そして女性)に影響を与えていることは事実です。

今すぐに「見ちゃダメ!」と言うよりは、メディアがこのような影響を及ぼす可能性があるということを認識することだけでも意味があると思います。

問題がどこでどのように発生するかを一つずつ知っていくことが、問題解決の出発地点なのですから。

 


参考文献
* Wright, Paul J., and Robert S. Tokunaga. “Men’s objectifying media consumption, objectification of women, and attitudes supportive of violence against women.” Archives of sexual behavior 45.4 (2016): 955-964.


FACEBOOK「いいね!」ボタンを押してください!

恋愛に関する科学的な情報を、
無料で購読することができます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

ルーカス

俺のハムスターが可愛すぎて、萌えで世界を平和にできる信じている!「ハムスターになろう」という名曲を作ったが、あまり売れなかったのは秘密にしておこう。「ロマンスがもっと必要」という韓国の番組に恋愛アナリストとして出演したことがある自称恋愛博士。毎日会社のソファーで恋愛心理学の論文と朝を迎えている頑張り屋さん。

オススメの記事
恋人が出来たと周りに知られたくない人は要チェック!恋人と電話する時の注意点

恋人が出来たと周りに知られたくない人は要チェック!恋人と電話する時の注意点

分かりやすい!? 恋人が出来た事を周りに内緒にしている小林さん。 周りの人にバレないように、電話がかかってきても友達のふりをしています。 ところがある日、会社にいる時に彼から電話がかかってきたので、い…

女性が年上の場合は要注意!年齢差カップルのデメリットは結婚後に表れる?!

女性が年上の場合は要注意!年齢差カップルのデメリットは結婚後に表れる?!

ただの数字に過ぎない… 「愛しているのに年齢の何が重要なの?年齢なんてただの数字に過ぎない!」 その気持ち、良く分かります。 しかし年齢も非常に重要なのです。 年があまりに離れている人と結婚すると、早…

恋愛が長続きしない人の特徴2つとタイプ別アドバイス!

恋愛が長続きしない人の特徴2つとタイプ別アドバイス!

短い恋ばかり繰り返す… あなたの周りにこのような人はいますか? 全く恋愛が出来ないという訳ではなく、いい人に出会えているはずなのに、 久しぶりに会って話をするとまた別れたと言い、 その後また別の人と付…

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Type your search keyword, and press enter to search