恋人が一番!

sol034_illu_01_jp

「彼氏は誰よりもかっこいい」
「彼女は誰よりもキレイ」

恋愛中の人と話すと時々、こんな反応に困ることを聞いたことはありませんか?

いくら本人にとっては、かっこよくってかわいい恋人であっても、世間ではそれほどでもないのに、その人はまじめな顔で言うのです。(本当にそうだったら違う人と付き合ってるんじゃ...)

困ったものですね。
心理学者もこのような現象に頭を抱えています。そのためこの「ポジティブイリュージョン(positive illusion)」という現象に関連した研究が沢山行われているのです。

果たして恋人の外見を過大評価している人の頭の中では、どんなことが起きているのでしょうか?

 

ポジティブイリュージョン

ワシントン大学心理学科のブリタニーソロモン教授は、交際中の1,022人の人を対象に相手の外見に対するポジティブイリュージョンについての研究を行いました。

以下の3つの外見評価の点数でした。

#1. 自分で考える外見の点数
#2. 親しい友達が考える点数
#3. 恋人が考える点数

調べた結果はこのようなものでした。
sol034_illu_02_

うん!その差は歴然ですね!?

恋愛をしている人は平均で本人よりも45%、親しい友達よりも20%程度外見を高く評価していると言えます。

sol034_illu_03_jp
いくら何でも平均点が93点なんて高すぎると思いませんか。ここで教授はさらに「この人達は自分が相手を過大評価していることを自覚しているのか?」に着目しました。

 

合理的な盲目

そこで新しい質問を用意しました。

#4. 恋人の外見について他人がつけそうな点数

つまり、盲目な人に「他人は恋人の外見にどれだけ点数をつけると思うか?」と聞いたのです。すると面白い結果が出ました。

sol034_illu_04
実際に他人が評価した点数(77点)にかなり近い点数(81点)をつけたのです!

結局、本人も自分が盲目的になっていることを認識しており、実際に恋人の外見を他人がどの程度評価するのか客観的に判断しているということです。

ウソ...

 

わかってる、でも..

sol034_illu_05_jp

一般的に人は恋人を過大評価してしまうあまり彼女や彼氏の外見がよく見えてしまいます。

sol034_illu_06_jp

しかし、彼らがおかしいのではありませんでした。他人の目にはよく見えていないということをしっかり認識していたのですから。

不思議なことに、それにもかかわらず彼らは、依然として恋人が一番かっこよくキレイに見えるのです。(いわゆる、合理的に狂った人理論)

ソロモン教授はポジティブイリュージョンに関して
自分が過大評価していることを認めたのか
② もしくは他人には見えない恋人の魅力を自分だけが見えていると思っているのかさらなる研究が必要だと語っています。
sol034_illu_07_jp

とにかく過大評価する人にどれだけ「彼女(彼氏)はそれほどじゃないよ」と言っても意味はありません。自分でもわかっているのです。みなさんも自分の目でその人が一番だと思える相手を見つけて付き合ってみては?
(恋愛の科学の「心をつかむ裏技シリーズ」を読んでください。)

え?もうそういう人と付き合ってる?ちぇ、うらやましい。