Menu & Search

おひとり様注意!独身だと早死する?!

2017年2月5日

これは事実です

独り身にとって一番悲しい事は何だか分かりますか?

今日あった出来事をあれこれと話す相手がいない事…?
ごはんを食べる時、映画を観る時、散歩する時、ショッピングする時に1人な事…?

ブー!
全部不正解です!

独り身にとって一番悲しい事は、早く死んでしまう可能性が高いという事です。
(……?)

またまた、これは一体どういう事なのか、気になりますよね?冗談だと思いますよね?
しかし、本当なんです。

なんと5億人を研究して出された結論なのです。
5千人でも、5万人でもなく、5億人ですよ…!

 

独り身なことだけでも悲しいのに

ルイビル大学のデービッド・ロエルプス教授は、死亡率を研究した334本の論文を基に国籍、人種、年齢を問わず5億人のデータを選びました。

その中で離婚したり、死別した場合を除く、結婚したことがないシングルの人の衝撃的な事実を調べ上げました。

びっくりしないで下さいね…!

 

1. シングルの人は早く死ぬ可能性が24%高い。

はい、事実です。
シングルの人たちは、結婚した人たちに比べて、早く死ぬ確率が24%も高かったのです。

ロエルプス教授曰く、シングルの人たちは自身の健康管理をしないからだとの事です。

結婚した人たちには、「ご飯を食べて」「残業し過ぎないで」「具合が悪いなら病院に行こう」といったように自分を心配してくれる配偶者がいます。

しかし、シングルの人たちには心配してくれる人がいません。
(あぁ…悲しい….)

自然と自分の健康面に対して疎かになってしまいます。

もちろん、それ以外にも結婚した人たちがより長く生きる可能性が高い様々な理由があります。

過去に行われた研究によると、結婚生活が独りの生活より身体が健康かつ心理的にも安定していて、生活の質がもっと高いと言います。
(Waite LJ, Gallagher M, 2000)

 

2. 特に30,40代が危険!

死亡の可能性は年代によって異なりますが、30代、40代の独り身の人が、早く死ぬ確率が一番高かったのです。

特に30代の独り身の人の場合、同じ年代の結婚した人よりも早く死亡する確率がなんと2.28倍も高かったのです。

す…すごいですよね…?

事実、30, 40代こそ、結婚しろという周りからのプレッシャーも多く、仕事も一番多い時期です。
(あぁ…悲しい….)

結婚に対するプレッシャー過重な業務から来るストレスを重要要因に挙げることができそうですね…。

 

3. 年齢の高い女性は危険!

年を取るほど一人で生きる女性が死亡する可能性が急激に高くなります。
男性は比較的年齢によっての差は見られず、同じくらいを維持しました。

.

これには、社会的な理由があります。
過去十数年間で、女性の人権が成長しましたが、相変わらず男性より平均収入が低いのです。時間が経つにつれ、独りで暮らすのはより難しくなるのです。
(Mandel H, Semyonov M, 2005)

幸い、最近の研究では男女格差がかなり縮まっていると言います。
それほど男女の社会経済的な差が緩和されているという事でしょう。
(Manzoli L, Villari P, 2007)

 

4. 東アジアの独り身の人は危険!

もちろん、地域ごとに差もあります。研究対象になった東アジア国家は中国、日本、台湾の3カ国です。

この3カ国の独り身の人は、他の大陸よりも早く死ぬ確率がより高かったのです。

東アジアは伝統的に結婚を当たり前に思う文化圏です。

「何で結婚しないの?」「いつ結婚するつもりなの?」だけでなく、「問題があるから結婚できないんだよ。」という偏見まで付いてきます。

結婚についての社会的プレッシャーが強いほど、独り身の人たちが受けるストレスも大きくなります。なので、自然と早く死ぬ確率も上がるのです。

他人事じゃないですよね?

 

独身で生きていく

このように、私達が恋愛をしなければならない理由がまた一つできましたね…
(ブルブル)

早死したくないし、そうじゃなくても恋したいはしたい。

でも、一体どうやって始めるべきなのか、よくわからないですって?

ふむ、それならば恋愛の科学の過去の記事をじーっくり読むといいですよ♡

まずは…
出会い系アプリを使ってみるのはどうですか?
思ったより多くの人が利用しているんですよ!
(参照: 出会い系アプリで出会った人と付き合ってもいい?)

ただ!居酒屋やナイトクラブ 等の軽い気持ちで遊びに行く所で出会った人にはちょっと注意して下さいね。
(参照: 素敵な人に出会える場所は…?)

それでも独身を貫く!と思うのであれば…上で言及した内容を忘れないでください。
独り身の人の前に立ちはだかるプレッシャーとストレスの壁を乗り越える事が必要ですから。

恋愛の科学は、自分自身の健康に十分気を遣って、誰がなんと言おうと社会的偏見に屈せず強く生きるあなたを心から応援します!!!


参考文献
*Roelfs, David J., et al. “The rising relative risk of mortality for singles: meta-analysis and meta-regression.” American journal of epidemiology 174.4 (2011): 379-389.


FACEBOOK「いいね!」ボタンを押してください!

恋愛に関する科学的な情報を、
無料で購読することができます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

ビー玉ラムネ

世の中に不満がある自称19禁コンテンツ専門家。現代の腐った社会が変わってほしいと思うものの、愛だけは変わらないことを望みます!周りが見えなくなるほど、ベタベタした恋愛がしたいです。だってそれが恋だもん!ヘヘッ!

オススメの記事
会わせたくないの?友達に紹介してくれない彼の本音とは

会わせたくないの?友達に紹介してくれない彼の本音とは

彼の本音 彼氏の家でラブラブおうちデート中のなつみちゃん。 ところが、彼氏は夜に友達と約束があると言います。 「じゃあ私も一緒に行く!」 彼女はいつか彼の友達に会ってみたいと思っていたので、ついて行き…

情で付き合ってる?好きじゃないのに別れられない本当の理由は?

情で付き合ってる?好きじゃないのに別れられない本当の理由は?

終わりの時 付き合っていると「あぁ…私たちはもう終わりだな。」と感じる瞬間があります。 話をきちんと聞いてくれなかったり、適当な返事だけになったり、 一緒に歩く時に歩幅を合わせてくれずスタスタ歩いてい…

人生で一番後悔する事は恋愛だった!後悔しない恋愛をする方法

人生で一番後悔する事は恋愛だった!後悔しない恋愛をする方法

あなたなら あなたがもうすぐ死んでしまう状況を想像してみて下さい。 そして、今までの人生で後悔している事を思い浮かべてみて下さい。 1.センター試験の時、解答欄への記入が一個ずつズレていたせいで浪人し…

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Type your search keyword, and press enter to search