最高のスキンシップ

手をつなぐ、抱きしめる、肩を抱くなど様々な種類のスキンシップの中で、もっとも印象的なスキンシップは何でしょうか。

aron-920236_1280

調査によると、多くの人々が一番記憶に残るスキンシップとして「ファーストキス」をあげると言います。

皮膚が薄く敏感な唇が相手の唇に触れる瞬間伝わってくる感触、相手の柔らかい舌が自分の舌に触れた時のキュンとする感じ…。

これは、実際に試してみるまでは、絶対にわからない感覚です。

しかし、どんなキスでも良いわけではありません。
天にも昇るような心地良いキスもあれば、逆に記憶から消し去りたいキスもあります。

ニューブランズウィック大学の心理学教授であるルチア・オサリバン教授は、18歳から67歳までの成人695名を対象にキスの経験に関連した研究を行いました。

最高のキス最悪のキスの違いはどこにあるのでしょうか?
史上初のキスについての研究結果は、次のようなものでした。

 

最高のキス



研究結果、意外にも最高のキスのために必要なのはテクニックよりもむしろ、情熱や期待、愛といった感情的な部分の方が大きかったのです。

また、相手が誰だったのかもとても重要でした。

これを総合してみた最高のキスは愛する人とロマンチックな雰囲気の中で、自然な形でする情熱的なキスだと言えるでしょう。

 

最悪のキス




意外にも最悪なキスは感情的な部分ではなく、生理的に受け付けない状況が大きく影響を与えました。

多くの人々がいくらロマンチックな状況であっても相手の口臭はきついのは耐えられないと答えたのです。
キスの前に口臭の管理が本当に大事であるということが、再度立証されたわけです。

不快だったキスには唾液をダラダラ垂らすキスも含まれています。
キスをしている間に、唾液を交換するのは自然なことではありますが、それはもう少し気持ちが高まってからの話で最初から唾液を流し込むのは、むしろ集中を妨害する行為です。

couple-1019127_1280

科学的な研究を通じて最高のキスと最悪のキスについて理解しても、ただ知識として蓄積するだけではもったいないです。

次に恋人に会う時には、歯磨きをして、香水をつけて、ロマンチックな雰囲気の中、情熱的なキスをしてみましょう

キスには2人の関係満足度を上げるだけではなく、ストレスが軽減するなどのすごい効果があります!
(参照:キスVSセックス、どちらをもっとたくさんするべき?)
恋人とのキスを大切に…!最高のキスは2人の関係にプラスにしかならないですから!

P.S

恋人にとってキスが重要な秘密をもう1つお教えします!

それは…男女共に唇が性感帯だからです!!!

また、キスのテクニックはすべての愛撫に繋がっています!
キスでパートナーを気持ち良くさせる事ができる人は、唇や口での愛撫も期待できるでしょう…!

唇自体が性感帯でありながら、キスのテクニックで他の性感帯の愛撫まで上手にできちゃうなんて!
唇以外の性感帯が気になる人は、恋愛の科学の「男女の性感帯ガイドブック」を読んで見てください。

恋愛の科学の性感帯ガイドブックでは、いつもと違うセックスを楽しむためのアドバイスや、愛撫の方法などを経験が少ない方でもすぐに実践できるよう、分かりやすく説明しています。

「どこ」を愛撫すれば「どれほど感じるか」などの基本知識から、性感帯TOP10を選別し、「どうやって愛撫すべきか」まで!

最後の実践編では、状況別にオススメする「完璧征服コース」も用意していますので、今夜すぐにでも活用して見てください!

ダウンロードはこちらから\(^o^)/
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓