どうしてあなたを選んだのだろう?

考えてみたら、誰かを好きになるという事は本当に不思議なことですよね。 

数多くの異性の中から、たった一人に特別な感情を抱くのですから。

果たして「私」が「あなた」を好きになった要因は何なのでしょうか?

こんな疑問を抱いたのは、私だけではありませんでした。

 

双子の研究

ミネソタ大学心理学科のデイビット・ライケン教授は、一卵性双生児の研究をすればこの疑問が解けると考えました。

一卵性双生児は遺伝子が完全に同じで、成長過程と家庭環境もほぼ同じです。

従って、遺伝子と成長環境が恋に落ちる相手を決めているとしたら一卵性双生児は当然、同じような人を好きになる可能性が高いでしょう。

そこでライケン教授は、738組の一卵性双生児とその配偶者の性格や好み、価値観など多様な特性を分析してみました。

果たして一卵性双生児は、同じような人と結婚していたのでしょうか?

 

私たちは本当にそっくりだけど・・・

とても興味深い結果が出ました。

一卵性双生児は外見や身長、IQのような要素はもちろん、性格や好みまで似ていたけれど、

配偶者は全く似ていなかったのです!
普通の人よりも若干、似ている程度でした。

これはおかしいと考えたライケン教授は、一卵性双生児が相手の配偶者をどれくらい魅力的だと思うか尋ねてみました。

異性の好みが似ているのならば、他の人よりもお互いの配偶者を魅力的に評価するだろうと考えたのです。

果たして結果はどうだったでしょうか?

そうではありませんでした。

一卵性双生児だからと言って、双子の配偶者に魅力を感じなかったのです。
これは同じ双子でも遺伝子の違う二卵性双生児と、似たような結果でした。

結論的に言えば、双子はすべての面で似ていますが、結婚した配偶者は全く違ったのです。

 

どうして私はあなたが好きなのかな?

この研究では、遺伝子と育った環境では「なぜその人を好きになるのか」という事を説明できない事がわかりました。

私達が愛を信じ強く求めるのは、 愛の「計り知れなさ」のせいかもしれません。

しかし、

計り知れない力によって恋に落ちるという事は、その恋がいつの間にか消えてしまう可能性があるという意味でもあります。


人は誰しも完璧ではありません。だからこそお互いへの理解と配慮、何にも変えられない2人だけの記憶と大切な思い出、そして瞬間的に素敵に見える人が現れたとしても、揺るがない意志の強さと献身さ。

一瞬の情熱より、こちらのほうが真実の恋に近いのではないでしょうか?

もし、あなたに迷いがある時は、自分にとって相手が必要な存在だという事を思い返してみてください。

恋愛は難しく考えると非常に複雑ですが、人を好きになる事は素晴らしいのです!

なので、恋愛スタイル診断をオススメします!!!

愛着スタイルとは、他人と関係を築く方式を決定する心理タイプを指します。

「愛着スタイル理論」では、恋愛スタイルを3つに分類しています。

*不安型– 恋人の関心と愛情を失うのでないかと不安になります。

*回避型– 恋人と必要以上に親密になることを窮屈に感じます。

*安定型– 恋人と自然と親密になることが出来、最も安定的な恋愛をします。

例えば、不安型の人と回避型の人が付き合うと、連絡問題で喧嘩をする可能性が高くなるでしょう。

相手と自分の愛着スタイルを知れば、恋愛をする上で生じる問題点をあらかじめ把握し、お互いをより理解する事ができるでしょう。

恋愛の科学では、<恋愛スタイル診断>でお互いの愛着タイプを診断することができます!
愛着スタイルのタイプ別に注意すべき問題点解決策をアドバイスしているので是非一度診断してみてくださいね!

FACEBOOK「いいね!」ボタンを押してください!

恋愛に関する科学的な情報を、
無料で購読することができます。