Menu & Search

現実は甘くない!結婚に夢見がちなら読むべき!

2017年1月4日

「僕はね…」

「僕は結婚したら毎週土曜日の夜には手をつないで一緒に公園を散歩したいんだ。
そんな風に、結婚しても恋人同士みたいな甘い結婚生活を送りたいんだ。」

ふふふ….
しあわせな結婚生活に期待を膨らませる人がここにもいたんですね!

では、横で黙って聞いていた友達たちの意見はどうでしょうか。

友達#1. 「期待が大きいと失望も大きい。」

「でも、 期待しすぎても、期待したすべてを満たすことは難しいよ。それに、できなかったらそれだけ失望も大きくなって、結婚生活を不幸に感じるようになるから。」

「現実的に考えて期待値を下げたら、より幸せに暮らすことができるよ。そんなに期待するなよ、バカだな…」

友達#2. 「期待されれば努力するもの。」

「まったく、一を識りて二を知らずだね。期待をすれば、相手が努力するよ。期待しなかったら、全く努力をしないんだって!」

「大きな期待はお互いを努力させる強力な力だから。期待するのって悪い事じゃないでしょ?」

冷静な友達たち…
果たして誰の言葉が正しいのでしょうか?科学的に検証してみましょう。

 

期待が大きいと…?

フロリダ州立大学のジェームズ・マクナルティ教授は、結婚に対する期待が実際の結婚生活にどのような影響を及ぼすのか、気になりました。

マクナルティ教授は135組の新婚夫婦を集め、なんと4年もの間、結婚生活を追跡するスケールの大きいプロジェクトを計画しました。

まず、夫婦たちにアンケートを送り、配偶者に対する期待がどの程度なのか、実際の結婚生活に問題はないか、結婚にどのくらい満足しているのか尋ねました。

そして、返事がどのように変化するのか、6ヶ月に1回ずつ点検しました。

結果はどうだったかですって?
驚かないでくださいね!

夫婦関係に特に問題のない夫婦は、結婚生活への期待が大きい場合、結婚満足度が徐々に上昇して、むしろ期待値が低いと結婚満足度が下がりました。

ところが、

よく喧嘩している夫婦の場合はむしろ、期待が大きいと、結婚満足度が急速に下がる正反対の現象が起きました。

一体なぜ、このような現象が起きたのでしょうか?

 

期待と現実

事実、「期待が大きいと失望も大きい。」「期待をすれば努力をする。」という言葉は2つとも合っているのです。

期待は、状況と能力によって関係にプラスになる事もありますが、マイナスになることもあります。

特に問題なく仲良く過ごしている夫婦を見てみましょう。

この2人は、夫婦関係を良好に保つためにどうすればいいか分かっています。
お互い傷付けないように努力をして、相手のために配慮する事ができるのです。

このような夫婦はお互いへの期待が大きいと、その期待に応えるために2人共努力して、実際に期待に応える事ができる能力もあるので、関係満足度がより高くなるのです。

結婚生活への期待が、お互いを努力させる火付け役になるのです。

それに対して、多くの問題を抱えている夫婦を見てみましょう。

この2人は、お互い愛し合っていますが、安定的な関係を維持するのに未熟です。感情を正直に表現する事ができず、知らぬ間に相手を傷つけるような事を言ったりしてしまいます。

期待に応えたくても、能力や状況が付いてこられないのです。

このような状況で、お互いへの期待が大きいと、むしろ大きな失望を感じます。自分の期待に応えられない相手を見ると、徐々に自分たちの結婚生活に疑問を抱きます。

高い期待が関係を壊す決定的な要因になるということです。

 

期待は状況に合わせて

このように期待は関係を肯定的に導くことも、関係を壊してしまうこともあります。

自分が相手に対して、そんなに大きな期待をしなくてはいけないのか、そうではないのかを知るためには、現在の自分たちの関係と相手の能力を冷静に、客観的に把握しなければなりません。

元々期待というものは、相手の能力よりちょっとだけ高く見るものであり、この程度がモチベーションを上げるのに一番効果的で良いのです!

現在の関係に満足していて、相手がいい関係を維持する方法をきちんとわかっている人ならば、もう少し期待をしてみてもいいでしょう。

しかし、現在満たされていない関係で、問題があるのであれば、期待を少し下げる事で、満足のいく関係を維持できるようになるといいます。
(参照 :幸せな結婚生活を送る上位10%の夫婦の秘訣)

期待値を下げる事が、必ずしも期待していたような理想の関係を諦めろという事ではありません。

みんながみんな期待通りに出来るわけではないですから、相手の足りない部分はそのまま受け止めて、もう少しゆっくり努力していけばいいという事です。

あ、2人の関係を冷静に把握するのは難しいですって?

それならまずは、相手をきちんと理解する事が大切です!
(参照:互いをよく知っていても恋愛は長続きしない!)

相手をきちんと理解するには時間がかかるものです。
些細なことでも連絡を取って、コミュニケーションをきちんと取ることが大事ですよ!
(参照:どんなに忙しくても連絡すべき理由)

喧嘩をした時も諦めずに!お互いの理解を深めるチャンスかもしれませんよ?!
(参照:恋人との喧嘩をきちんと解決する方法)

 


参考文献
*McNulty, James K. “Should spouses be demanding less from marriage? A contextual perspective on the implications of interpersonal standards.” Personality and social psychology bulletin 42.4 (2016): 444-457.


FACEBOOK「いいね!」ボタンを押してください!

恋愛に関する科学的な情報を、
無料で購読することができます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

ルーカス

俺のハムスターが可愛すぎて、萌えで世界を平和にできる信じている!「ハムスターになろう」という名曲を作ったが、あまり売れなかったのは秘密にしておこう。「ロマンスがもっと必要」という韓国の番組に恋愛アナリストとして出演したことがある自称恋愛博士。毎日会社のソファーで恋愛心理学の論文と朝を迎えている頑張り屋さん。

オススメの記事
ちゃんと話を聞いて!そっけない返事をする恋人の心理状態は?

ちゃんと話を聞いて!そっけない返事をする恋人の心理状態は?

大変だった一日 仕事が終わり家に戻ってきた妻、彼女は今日会社で大変な一日を過ごしました。 職場の同僚と揉めたのです。 先に退勤し、家で洗い物をしていた夫が嬉しそうに妻を迎え入れました。 妻はさらっと返…

結婚はゴールじゃない!結婚前に知っておくべき事!

結婚はゴールじゃない!結婚前に知っておくべき事!

結婚は人生の墓場? 以前の記事で結婚満足度は一般的に結婚して4~7年目に大きく低下するという研究をご紹介しました。 それなら、7年目以降の結婚満足度は一体どのように変化するのでしょうか? これには2つ…

性格の不一致が理由ではなかった?離婚の決め手になるのは友達?!

性格の不一致が理由ではなかった?離婚の決め手になるのは友達?!

私たち、別れよう 「幸福な家庭はいずれも似ているが、不幸な家庭はそれぞれ違う不幸を抱えている。」 -レフ・トルストイ、 <アンナ・カレーニナ> 出版されてから140年も経っている古典ですが…

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Type your search keyword, and press enter to search